10.5インチiPad Pro のファーストインプレッションと旧モデルとの仕様比較

この記事は約9分で読めます。

10 5 inch iPad Pro ようこそiPadへ

こんにちは、ヒーニョンです。
10.5インチiPad Proが発売日に届きましたのでレビューします。
先代の9.7インチiPad Pro9.7インチ
と比べアップグレードされた項目は緑色、残念ながらダウングレードした項目は赤色で表示します。

開封の儀

この前MacBook Proを買ったので、箱が異様に軽く感じます。
10 5 inch iPad Pro 梱包

ダンボールのガムテープに開け口が付いていて芸が細かいです。
10 5 inch iPad Pro 梱包開封

Apple製品の開封はいつもワクワクしますね。
10 5 inch iPad Pro 梱包開封中

パッケージは海に浮き輪で浮かぶ人です。
10 5 inch iPad Pro パッケージ

上箱がスート開くのがいいですよね。
10 5 inch iPad Pro 開封

これが僕のiPad Proです。
購入したのは10.5インチiPad Pro 64GBのスペースグレイです。
10 5 inch iPad Pro 開封本体

10.5-inch-iPad-Pro_本体の下にはLightningケーブルと説明書。
10 5 inch iPad Pro 開封Lightningケーブル説明書

説明書の下には電源アダプターが入っています。いつもと変わらないです。
10 5 inch iPad Pro 電源アダプター

同梱物

Appleのリンゴシールは白色でした。たまには違う色が欲しいです。

  • iPad Pro本体
  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ

10 5 inch iPad Pro 同梱物

付属のUSB電源アダプタは「Apple 12W USB電源アダプタ」です。別途購入すると2,200円(税別)です。
10 5 inch iPad Pro Apple12WUSB電源アダプタ

10.5インチiPad Pro 仕様

10 5 inch iPad Pro 本体
10 5 inch iPad Pro 本体背面

サイズと重量

手に持った瞬間に感じたのは薄さですね。僕が持っていた初代iPad Airは7.5mmでした。それが6.1mmですから感覚が違います。
9.7インチから10.5インチへ大型化され約20%も表示領域が広くなりました。副作用としてサイズが大きくなり重くなってしまいました。
しかし、ベゼルが狭くなったのでサイズは約8%しか大きくなっていません。
ベゼル幅を実測してみると上下が共に約18mm、左右が約6.5mmです。ベゼルが小さくなると格好良いですね。
10 5 inch iPad Pro ベゼル

重量を実測してみると472gでした。公表されている469gより3gも重いのが気になります。はかりが壊れているのかな?
手に持った感覚だと薄さのせいか軽く感じます。
10 5 inch iPad Pro 本体重さ

10.5インチiPad Pro
  • サイズ: 250.6 x 174.1 x 6.1 mm
  • 重量: Wi‑Fiモデル: 469g, Wi-Fi + Cellularモデル: 477g
旧9.7インチiPad Pro
  • サイズ: 240 x 169.5 x 6.1 mm
  • 重量: Wi‑Fiモデル: 437g, Wi-Fi + Cellularモデル: 444g

ディスプレイ

通常のリフレッシュレートは60Hzですが、なんと120Hzまで出せるのです。これによりApple Pencilやスクロールがヌルヌル動くそうです。

  • Retinaディスプレイ
  • 10.5インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
  • 2,224 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
  • ProMotionテクノロジー
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング (反射率1.8%)
  • 120Hzのリフレッシュレート
  • 輝度600ニト

オンスクリーンキーボードがフルサイズにするために10.5インチを採用したそうです。
Magic Keyboardと比べてみるとiPan Proは幅が狭いのですが、アルファベットの部分をみるとほぼ同じサイズになっています。
10 5 inch iPad Pro キーボード

そうそう3D Touchには対応していませんね。僕はiPhone7でほぼ使っていないので問題ないです。

チップ

旧9.7インチiPad Pro と比べると、CPUは速度は30%速く、グラフィックスの処理速度は40%速くなりました。

  • 64ビットアーキテクチャ搭載A10X Fusionチップ
  • 組み込み型M10コプロセッサ

カメラ

正直言うと、iPadで写真を撮るケースはあまりないかな?って思っています。書類を撮影してPDF化するくらいなので、かなり立派なカメラが付いていて勿体無い気がします。僕としては、カメラのグレードを落として安くしてほしかったです。

  • 12メガピクセルカメラ
  • ƒ/1.8の開口部
  • 最大5倍のデジタルズーム
  • 光学式手ぶれ補正
  • 6枚構成のレンズ
  • クアッドLED True Toneフラッシュ
  • パノラマ(最大63メガピクセル)
  • サファイアクリスタル製レンズカバー
  • 裏面照射型センサー
  • ハイブリッド赤外線フィルタ
  • Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
  • タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
  • 手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • 強化されたローカルトーンマッピング
  • 人体検出と顔検出
  • 露出コントロール
  • ノイズリダクション
  • 写真の自動HDR
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • タイマーモード
  • 写真へのジオタグ添付

カメラ部分は飛び出しています。テーブルに置いてガタつくことはありませんし、ケースを付ければ段差はなくなります。
10 5 inch iPad Pro カメラ

ビデオ撮影

  • 4Kビデオ撮影(30fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • 720p HDビデオ撮影(30fps)
  • ビデオの光学式手ぶれ補正
  • 2倍光学ズーム
  • クアッドLED True Toneフラッシュ
  • 1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • 人体検出と顔検出
  • ノイズリダクション
  • 4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
  • 再生ズーム
  • ビデオへのジオタグ添付

FaceTime HDカメラ

  • 7メガピクセルの写真
  • 1080p HDビデオ撮影
  • Retina Flash
  • ƒ/2.2の開口部
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • 自動HDR
  • 裏面照射型センサー
  • 人体検出と顔検出
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 露出コントロール
  • タイマーモード

スピーカー

iPadをどの方向にしてもステレオサウンドが楽しめるのがいいですね。

  • 4スピーカーオーディオ

10 5 inch iPad Pro スピーカー

マイクロフォン

  • 通話、ビデオ撮影、オーディオ録音のためのデュアルマイクロフォン

ワイヤレス通信方式

Wi-Fiもアンテナ2本の最大866Mbpsだからいいですね。

  • Wi-Fi(802.11a/b/​g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80 (最大866Mbps)
  • Bluetooth 4.2テクノロジー

位置情報

iPadをカーナビに使いたいのでしたら Wi-Fi + Cellularモデルを選んだほうが良いです。GPS機能はWi-Fiモデルにも付けてほしいですよね。後付で外部GPSなどを使う方法もありますが、手間だしお金も掛かるし、OSによっては対応できなくなったりします。

  • デジタルコンパス
  • Wi‑Fi
  • iBeaconマイクロロケーション

Wi-Fi + Cellularモデルのみ

  • Assisted GPSおよびGLONASS
  • 携帯電話通信

10 5 inch iPad Pro 地図

センサー

ホームボタンは物理ボタンでした。iPhone7の感圧式が良いできなので、物理式だとなんだかチープに感じてしまいます。
私事なのですが、手荒れのおかげでTouch IDの成功率がかなり低いのでなんとかしてほしいです。もう顔認証にしてほしいです。

  • Touch ID
  • 3軸ジャイロ
  • 加速度センサー
  • 気圧計
  • 環境光センサー

10 5 inch iPad Pro ホームボタン

電源とバッテリ

  • 30.4Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
  • Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
  • 電源アダプタ、またはUSB経由でコンピュータを使って充電

本体に付属している電源アダプタは12Wでした。
MacBook Pro(Late 2916)モデルに付属しているUSB-Cの電源アダプタは61WでるのでUSB-C to Lightningで充電すれば、かなり速く充電できそうです。また調査してみます。
10 5 inch iPad Pro USB C充電

仕上げ

次の色から選べます。

  • スペースグレイ
  • ローズゴールド
  • ゴールド
  • シルバー

※12.9インチiPad Proではローズゴールドがありません。
10 5 inch iPad Pro 仕上げ

ボタンとコネクタ

上部

  • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • 4スピーカーオーディオ
  • 電源オン/オフ スリープ/スリープ解除
  • デュアルマイクロフォン

10 5 inch iPad Pro 本体上部

下部

  • ホームボタン/Touch IDセンサー
  • 4スピーカーオーディオ
  • Lightningコネクタ

10 5 inch iPad Pro 本体下部

左側

  • Smart Connector

右側

  • 音量を上げる/下げる
  • nano-SIMトレイ(Wi-Fi + Cellularモデルのみ)

10 5 inch iPad Pro 本体右側

価格

ストレージが最低容量32GBがなくなり64GBになりました。そして128GBがなくなり、最大容量の512GBが登場した。
旧9.7インチiPad Pro との価格差は、ストレージが同じ256GBで比較すると2万2千円も安くなっています。

10.5インチiPad Pro
Wi-Fiモデル

  • 64GB: 69,800円
  • 256GB: 80,800
  • 512GB: 102,800円

Wi-Fi + Cellularモデル

  • 64GB: 84,800円
  • 256GB: 95,800
  • 512GB: 117,800円
旧9.7インチiPad Pro
Wi-Fiモデル

  • 32GB: 66,800円
  • 128GB: 84,800円
  • 256GB: 102,800円

Wi-Fi + Cellularモデル

  • 32GB: 82,800円
  • 128GB: 100,800円
  • 256GB: 110,800円

(価格は税別で2017年6月13日現在)

iPad Pro と 無印iPadの大きな違い

現状の仕様の違いをみると、4スピーカーオーディオApple Pencil対応Smart Connectorの有無になります。
僕はiPad Airを以前もっていたのですが、スタイラスペンが合わなくてノートの代わりにならず、電子書籍もKindle Fireで読めるので使わなくなり売却しました。
2016年にApple Pencilを見たときにiPad Proが欲しくなったのですが購入にいたりませんでした。今回購入した動機は、Apple Pencil対応はもちろんですが、iOS11を見てiPadがパソコンのように使えていたので、ブログの記事がサクサク書ける可能性を秘めていたからです。そしてSmart Connector対応のSmart Keyboardの日本語版が用意されているのも魅力に感じたからです。
iPadでブログが書ければ、旅行に重たいPCを持っていく必要がなくなるし、バッテリーの充電もしやすくなるので、僕にとっては一石二鳥なのです。
10 5 inch iPad Pro Hello

まとめ

Apple Pencilで紙のノートが不要になるのか?、そしてパソコンでやっている作業をどれだけiPad Proでこなせるようになるかが購入して良かったかどうかのカギになります。
iOS 11になってからが本領発揮になるので、秋のリリースが楽しみです。

ではまたヾ(^^へ)
10 5 inch iPad Pro 本体電源ON

こちらで購入できます

関連記事

10.5インチiPad Proの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました