【お知らせ】ドメインを変更しました。

11acを買えば良いとは思わないで! 正しいWi-Fi機器の選び方

この記事は約8分で読めます。

AppleAirMacTime Capsule

こんにちは、ヒーニョンです。
Wi-Fi(ワイファイ)という単語は、いまでは誰でも知るようになりました。この技術のお掛けで世の中が便利になりましたよね。
Wi Fiロゴ

Wi-Fi 由来

由来はご存じでしょうか? 当初は有名になるとは思っておらず、適当に「Hi-Fi」と韻を踏んでいるという理由で名付けられたそうです。後に有名になり後付けで「Wi」はWireless(ワイヤレス)、「Fi」はFidelity(忠実)と説明されているようになりました。

IEEE 802.11a/b/g/n/ac とは?

Wi-Fiの規格には、いろいろな種類があります。パソコンの仕様をみているとWi-Fiの欄に「IEEE 802.11a/b/g/n/ac」などと暗号のような文字が書かれています。一つずつ意味を説明します。

  • 「IEEE(アイ・トリプル・イー)」は、
    アメリカ合衆国に本部を持つ電気工学・電子工学技術の学会をさします。国際的に言えばISOのようなものですね。
  • 「802.11」は、
    無線LAN関連規格の一つです。これがWi-Fiを示します。
  • 「ac」や「n」などのアルファベットは、
    規格のバージョンを表します。バージョンによって、通信速度など機能が異なります。バージョンは a → z の順で作られ、z の次は aa → az の順となっています。

IEEE 802.11acにも種類があるので注意

無線通信で一番気になるのは通信速度です。1バージョン前の「n」は最大値が600Mbpsでしたが、「ac」になり11.5倍の6900Mbpsになりました。しかし実際に販売されているものは帯域幅拡大が80MHzのMIMO(マイモ)1×1から4×4で通信速度が433〜1733Mbpsになります。

IEEE 802.11acの最大通信速度(理論値)
帯域幅拡大80MHz160MHz
変調記号の多値化256QAM
公称速度(Mbps)
MIMO1×1433.3(292.5)866.7(585.0)
2×2866.7(585.0)1733.3(1170)
3×31300.0(877.5)2340.0(1755)
4×41733.0(1170)3466.7(2340)
8×84466.7(2340)6933.3(4680)

MIMOとは簡単にいうとアンテナの数になります。パソコンからアンテナは飛び出していませんが、無線LANルーターだとアンテナがたくさん立っている機種を見ることができます。

表に書いた公称速度は論理上の話で、実効速度は公称速度の半分から3分の1程度となります。

パソコンの11ac対応状況

例にも書いた「IEEE 802.11a/b/g/n/ac」だとバージョンが高いのが「11ac」になります。最近のパソコンや無線LANは殆どが「11ac」に対応するようになりました。
Apple製品で初めて11acに対応した機器を紹介します。

  • Mac Pro (Late 2013): 1300Mbps?
  • Mac mini (Late 2014): 1170Mbps
  • iMac (Late 2013): 1300Mbps?
  • MacBook Pro (Late 2013): 1300Mbps?
  • MacBook Air (Mid 2013): 866Mbps?
  • iPad Pro: 866Mbps?
  • iPad Air 2: 866Mbps?
  • iPad mini 4: 866Mbps?
  • iPhone6: 433Mbps(7で867Mbps)?
  • iPod touch 第6世代: 433Mbps?
  • Apple TV 第4世代: 433Mbps?

2013年以降のモデルから11acの対応がされはじめました。現在Apple Watchだけはまだのようです。
11ac対応と書いてあっても気になるのが公称速度です。これはパソコンの仕様をみると、ほとんど11ac対応を謳っているだけで公称速度やMIMOについては公開されていないのが現状です。Webで情報を集めてきた結果と推測で上記のリストは書いています。もし間違えていましたら、ご連絡いただけるとうれしいです。
傾向から見ると、パソコン、タブレット、スマートフォンの順に速いようです。

記事作成時点ですが、発売されたばかりのMacBook Pro(Late 2016)のTouchBarなしモデルの公称速度が旧Proの1300Mbpsから866Mbpsに落ちたと騒いでいます。これはアンテナが3本から2本に落としてコストダウンしているようですね。

Wi-Fiルーターの種類

使用する機器の通信速度や機器の数に応じてWi-Fiルーターを選ばなければ良いパフォーマンス得られません。次に代表的なWi-Fiルータを通信速度順に紹介します。
MU-MIMOはマルチユーザーMIMOで高いスループット能力をもつ。

まとめ

Wi-Fiの無線での通信速度は1Gbpsの時代に突入しています。有線のEthernetは早くから1Gpbsに到着しています。無線は遅いイメージがあるのですが、実際のところはどうなのでしょうね? 今度、実測して記事にしたいと思います。
僕はApple AirMac Time Capsuleを使っているのですが、そろそろアンテナ4本の1733Mbpsへ対応して欲しいですね。そしてUSBがまだ2.0なんですよ! 3.1にして欲しいです。

ではまたヾ(^^へ)

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました