【お知らせ】ドメインを変更しました。

iPhone6とiPhone7の梱包の違い

この記事は約3分で読めます。

IPhone7開封の儀

こんにちは、ヒーニョンです。
発売日から18日後にやっとiPhone7ジェットブラックを入手できました。待ちに待ったぶんだけ開封の儀が楽みです。今回はiPhone6の開封も同時におこない相違点を見ていきます。

開封の儀

透明のラッピング材は剥がしてしまいましたが、先日の記事「iPhone7ジェットブラックの争奪戦」で書いたようにiPhone7は剥がすためのベロが付いていました。
箱の大きさはiPhone7がわずかに幅も長さも高さも大きいです。
IPhone6and7パッケージ

開封開始!
IPhone6and7開封1

フタを外します。スーッとフタが取れる絶妙な加工がたまらないですね。
おや??? iPhone7が拝めない!? Apple製品はフタを開けたら、まず商品が見えるのがユーザー体験で売りなのでは? 何故こうなったのか気になります。
IPhone6and7開封2

iPhone7の説明書を取り出します。そこで初めてiPhone7を見ました。いままで白パネルのiPhoneばかり所有していたので新鮮です。
IPhone6and7開封3

iPhoneをそっと取り出します。iPhone7は付属品が見えてきます。
IPhone6and7開封4

iPhone6のフタを取り出すと、説明書と受け皿になっています。
IPhone6and7開封5

iPhone7のLightning端子に変わったEarPodsを取り出すと、下からLightning-USBケーブルがお目見えです。高さを低くするために大きく円形に巻かれています。
IPhone6and7開封6

EarPodsの比較

僕はBluetoothのイヤホンを使うので問題ないのですが、嫌がる人も多いのでしょうね。iPhone7のEarPodsはプラスチックケースでは無く台紙で固定されています。安っぽくなりましたね。
IPhone6and7開封7

裏側を見るとLightning-3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタが入っています。iPhone6のイヤフォンケースはアップルマークまで入ってカッコイイですね。
IPhone6and7開封8

取扱説明書の比較

内容的にはほとんど同じですが、iPhone7は封筒式です。アップルマークのシールは大きさは同じですが、台紙の透明度が変わりました。
IPhone6and7開封9

まとめ

どうして梱包方法が変わったのでしょうね? 一見するとコストカットのように見えますが、今回はLightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタが増えたので、箱に収めるのが難しかったのでしょうかね。そろそろ付属品は別売りにしても良いのではないでしょうか? 毎回使わないからもったいないです。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました