コバエ対策に山崎実業の「蓋付きポリ袋エコホルダ」が効果あり

この記事は約2分で読めます。

ポリ袋エコホルダ パッケージ

こんにちは、ヒーニョンです。
山崎実業の「蓋付きポリ袋エコホルダー」の紹介です。

生ゴミは、以前の記事「無印良品のフタが選べるダストボックスのフタが良かった」で紹介した無印良品のフタ付きのゴミ箱に捨てています。フタ付きなので室内に臭いがすることは無いのですが、夏場になりコバエが発生したのです。原因を探ると、ゴミ箱のフタを開けたときに生ゴミがむき出しになるのが原因でした。毎日ゴミ出しはできないし、そもそも一人暮らしなので生ゴミの量が少なく、ゴミを出すのは1週間に1回で十分なのです。
無印良品ゴミ箱蓋開く

開封の儀

シンクに三角コーナーを設置しても汚くなるので、発生した生ゴミは、小さな袋に入れ封をしてから、フタ付きのゴミ箱に入れるようにしたら2日後にはコバエはいなくなりました。
小さな袋に生ゴミをいれるのが面倒だったのですが、山崎実業の「蓋付きポリ袋エコホルダー」がなかなか便利なのです。
ポリ袋エコホルダ 本体

小さな袋を引っ掛けて使うので生ゴミを入れやすいし、フタも付いているので袋の封をするのは1日の最後でだけでよくなりました。
本体の大きさは 12 x 13.5 x 16.7cmです。フタの部分はプラスチック製、脚の部分は鉄製です。質感はよくしっかりとしています。
袋をかける外周は約45cmなので、レジ袋(関東12号/関西30号)がちょうどよいサイズでした。
ポリ袋エコホルダ 袋設置 蓋開け

フタは少しフレームより飛び出しているので指のかかりがあり開けやすいです。
袋を外すときは下から引っ張ればよいので簡単です。
ポリ袋エコホルダ 袋設置 蓋閉め

まとめ

コバエが発生したときは、うっとうしくて、どうなることかと心配しましたが、山崎実業の「蓋付きポリ袋エコホルダー」のおかげで助かりました。
今回は白色の商品を紹介しましたが、黒色もあります。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました