人生

プログラマ・自己啓発

勇気をだして幸福になる方法

こんにちは、ヒーニョンです。 書店に長年並んでいる「嫌われる勇気」が気になっていたのですが、タイトルからは内容が予測できず読まずにいました。 やっと読んでみると、本書は幸福になる方法が書かれていて、共感できることが多かったので紹介します。 必要性 マズローの欲求5段階説をご存知の方も多いと思います。 生理的欲求 安全の欲求 社会的欲求 承認欲求 自己実現の欲求 この中の...
プログラマ・自己啓発

読書術の古典書 【書評】 本を読む本

読書術の本でありながら読書初心者にはオススメできないほど難解で読むのに時間がかかりました。この難解さは古典書特有です。 読書術の他の本を2、3冊読んでから最後に本書籍を読むことをオススメします。 とは言え、読書初心者には気になる本だと思うので、概要がわかる程度にまとめました。
プログラマ・自己啓発

記憶に残る読書術 【書評】 #東大読書

自分が抱えている問題が「本を読んでも忘れてしまい活用できていない」ことです。その解決方法の糸口になる「東大読書」を紹介します。
プログラマ・自己啓発

相手をうなずかせる方法【書評】ロジカル・シンキング

ロジカル・シンキングとは、コミュニケーションにおいて自分のメッセージを相手に伝え、うなずかせる方法です。 会議などで説明が上手な社員、突っ込みが鋭い上司など、その理由がこの本を読むことで分かりました。
プログラマ・自己啓発

若い部下の考えを理解し、好きなことで生きていく方法【書評】モチベーション革命

タイトルから想像すると、今の仕事でどうやったらモチベーションを上げて成果をだすことができるかが書かれているように思うかもしれませんが、違います。 この書籍は若い世代(ゆとり・さとり世代)と年配世代(バブル世代、就職氷河期世代)の仕事にたいする考え方の違いを理解し、将来は好きなことで生きていく方法が書かれています。
プログラマ・自己啓発

行動を起こさせる文章の書き方【書評】人を操る禁断の文章術

こんにちは、ヒーニョンです。 僕は国語の成績が悪く作文は苦手でした。社会人になり出世していくにつれ文章が書けないことで損していることを感じるようになりました。そこで文章の練習を兼ねて本ブログをはじめた経緯があります。 文章術系の書籍を読みあさり勉強しました。どの書籍も「読みやすい文章」を書くためのテクニックでした。文章を読んでもらうためには「読みやすさ」は重要ですが、文章を書く目的を考える...
プログラマ・自己啓発

【書評】100歳まで生きるときの人生設計を学ぶ『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』

こんにちは、ヒーニョンです。 この記事で紹介する書籍は『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』です。 「100年時代の人生戦略」という副題をみて、100歳まで生きるなんてひとごとだと感じますが、今後おおくの人が100歳まで生きるそうです。 100歳まで生きるとして一番問題になるのが老後の資金です。日本では年金問題として認知されていますが、生活レベルを保ったまま100歳まで生きるにはどうしたら...
プログラマ・自己啓発

【書評】自分の行動に悔いたとき読むと吉『漫画 君たちはどう生きるか』

こんにちは、ヒーニョンです。 この記事で紹介する書籍は『漫画 君たちはどう生きるか』です。 ジャンル 哲学, 倫理学 著者 吉野源三郎 (著), 羽賀翔一 (イラスト) 評価 読みやすさ 対象者 中学生以上 ページ数 320ページ 必要性 子供のころ誰もが経験するような人間関係のトラブルを背景にして、主人公のコペル君(あだ名)が人間として立派に育っていく物語...
プログラマ・自己啓発

【書評】漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

こんにちは、ヒーニョンです。 この記事で紹介する書籍は『漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則』です。 この漫画の元になっているのは、世界的ベストセラーの『バビロンの大富豪』はお金に関わる学説の起源といわれるほどの名著です。 ジャンル ビジネス(お金) 評価 読みやすさ 対象者 社会人一年生 ページ数 466ページ 必要性 人生...
プログラマ・自己啓発

プログラマ年収1000万円超えに向けて日々やるべきこと

こんにちは、ヒーニョンです。 今回は技術者、特に日本のプログラマに向けた内容です。 日本のプログラマの皆さん良い給料をもらっていますか? プログラマの仕事は大変だと思うのですが金銭的な待遇は一般的に悪と思います。是非、年収1000万円を超える技術者になって欲しいです。そして子供がなりたい職業ベスト10に入って欲しいです。 そのために、やって欲しいことが一つあります。それがこの記事で一番伝え...
タイトルとURLをコピーしました