やっと解決!マウスのクリックが勝手にダブルクリックになる(Win編)

この記事は約3分で読めます。

Windows機でマウスのクリックをしているのに、勝手にダブルクリックになってしまう不思議な現象を解決できたので情報共有します。

不具合: マウスでクリック(左クリック)しているのにダブルクリックになる

現象

Windowsのエクスプローラーでファイルを選択するためにクリックすると、勝手にダブルクリックになりファイルを開いてしまったり、テキスト編集でカーソルを移動するのにクリックするとテキストが選択されてしまうなど、予期しない動作をします。
発生頻度としては、1時間テキスト編集をしていると2~3回ほどです。

環境

OS: Windows 10 Pro
マウス: CORSAIR SCIMITAR RGB、Microsoft Pro IntelliMouse

再現手順

CORSAIR SCIMITAR RGBのマウスで現象がでるようになり、USBポートを変えてみたり、マウスドライバーを再インストールしても解決できず、マウス自体が壊れたのかと思い、別のマウス(Microsoft Pro IntelliMouse)で作業をしてみると、発生頻度は下がりましたが、誤動作するのには違いないのでマウスのハード的な問題ではなく、ソフトウェアの問題だと切り分けました。

次のサイトで、「左ボタンのテスト」という項目でクリックテストを行うと、3回に1回はダブルクリックになっていることが分かりました。

ちょっとしたマウスチェック・テスト - ちょっとしたタイマー
ちょっとしたマウスチェック・テストです。

直し方

原因

Windowsにはマウスのダブルクリックの速度を調整できます。この設定を少し変更したのが原因でした。

直し方の手順

  1. Windowsの設定画面を開く
  2. Win10: デバイス → マウス
    Win11: Bluetoothとデバイス → マウス
  3. Win10: 関連設定の「その他のマウスオプション」を開く

    Win11: 「マウスの追加設定」を開く
  4. マウスのプロパティ画面が表示されるので「ボタン」タブを選択
  5. 「ダブルクリックの速度」にあるスライダーで調整する

文言の「遅く」と「速く」の意味が分かりにくいのですが、速く側にするほど誤動作しにくくなりますが、逆にダブルクリックの反応が悪くなります。
マウスの種類やダブルクリックの癖などが影響するので、じっくりと試した方がよいです。
僕の場合は一番速くから1メモリ左に遅くしたものが誤動作ないですし、ダブルクリックしても問題ありませんでした。
デフォルトの設定では中央から1つ右になっているようですが、これだと僕は誤動作するので、デフォルトでも相性が悪かったです。

まとめ

Web検索すると「マウスが勝手にダブルクリックになる」という記事は多くあり、解決方法もたくさん書いてあります。しかし、どれを試しても直らずに困っていて、OS共通のマウス設定があったことを思い出して、解決にいたりました。
僕が使っているマウスはゲーミング用でセンサーの反応がよすぎるためデフォルトの設定で誤動作してしまうのかもしれません。

ではまたヾ(^^へ)

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました