【お知らせ】ドメインを変更しました。

スマホレンズにはクセがある。でも面白い写真が撮れそうだ

この記事は約2分で読めます。

CHUMSスマホレンズDIME表紙

こんにちは、ヒーニョンです。

DIMEという雑誌をはじめて購入しました。なぜかというとペンギンマークがかわいいCHUMSとコラボしてスマホレンズが付録として付いてくるからです。
CHUMSスマホレンズDIME梱包

創刊30周年なのですね。特別価格で750円でスマホレンズが付いてきます。
CHUMSスマホレンズおまけ

ロゴまで入ったスマホレンズです。限定商品ですね。
CHUMSスマホレンズ本体裏側

レンズキャップも付いています。
CHUMSスマホレンズ本体キャップ

赤いレンズがカッコイイです。
CHUMSスマホレンズ本体

僕のiPhone6には「Anker ToughShell タフ保護ケース」を付けていて厚みがあるのですが、問題なくクリップできました。
CHUMSスマホレンズ本体WIDEiPhone6ケース

次の写真がiPhone6そのままで撮影した写真です。
CHUMSスマホレンズ無しiPhone6撮影

スマホレンズを装着して撮影すると四隅がケラレてしまいます。これは残念ですね。
CHUMSスマホレンズWIDEiPhone6ケース撮影

そこでケースは外して裸のiPhone6に装着してみました。
CHUMSスマホレンズ本体WIDEiPhone6

ケラレはなくなりました。(*^。^*) でも奥にあるブロックは真っ直ぐ並んでいるのですが丸くなっています。かなり魚眼になっていますね。
CHUMSスマホレンズWIDEiPhone6撮影

このスマホレンズはMACROも撮影できるのです。レンズをよく見るとMACROとWIDEが連結してあいます。
CHUMSスマホレンズ本体MACRO WIDE

WIDEレンズを外すとMACRO仕様になります。
CHUMSスマホレンズMACROiPhone6

次の写真がiPhone6そのままで可能な限り接写した写真です。近づきすぎてピントがボケてきていますがね。
CHUMSスマホレンズ無しiPhone6

これがMACROレンズで撮影してものです。かなり近づけます。これは凄いですね。しかしココまで寄ると少し歪んでしまいますね。
CHUMSスマホレンズMACROiPhone6撮影

まとめ

はじめてスマホレンズを使いましたが、一眼レフカメラと比べると歪みが気になりますが、それを逆手にとって味のある写真が撮れそうですね。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました