【お知らせ】ドメインを変更しました。

フランス国旗風デザインの包み紙で有名なお菓子を作っているガトーフェスタ・ハラダ本社工場見学にいってきた

この記事は約2分で読めます。

ガトーフェスタハラダ 建物外観

こんにちは、ヒーニョンです。
オシャレなお菓子で有名なガトーフェスタ・ハラダ本社の工場見学にいってきました。

場所

本社工場は群馬県高崎市にあります。

入場は無料で予約は不要です。月〜金曜日の10時から17時まで自由に見学できます。

ガトーフェスタ・ハラダ本社

宮殿のような建物で勝手に入ってよいものか恐る恐る入口に近づきました。
ガトーフェスタハラダ 工場入口

工場見学の案内看板があるので場所は間違えなかったです。入りづらいので気をつけてください。
見学には案内人は付かないので受付でイヤホンを借りると詳しい説明が聞けて楽しいです。
ガトーフェスタハラダ 入口案内

受付でいただいた人気商品のグーテ・デ・ロワです。建物中は撮影禁止でしたのでカバンの中に入れていたら割れてしまいました。
ガトーフェスタハラダ グーテ デ ロワ

工場見学のパンフレットにイラストがあるのですが、フランス国旗風デザインの包み紙といえば、お土産でいただいたことがあると思い出すのではないでしょうか?
ガトーフェスタハラダ 案内図

3階と4階が工場見学ルートになっていて、途中できたてのグーテ・デ・ロワを焼いてアレンジしたものもいただきました。ソフトドリンクも飲み放題でくつろげましたよ。
フランスパンから自社で作っていて1本のフランスパンから50枚にカットされて作られます。

ガトーフェスタ・ハラダでは、いろいろな商品を作っていました。これはい商品のステッカーです。
ガトーフェスタハラダ ステッカー

工場の隣に店舗があるのでお土産を購入することができます。
ガトーフェスタハラダ ショップ建物

まとめ

工場には見えない立派な建物でした。中もとてもキレイでした。建物の屋上にはソーラーパネルが全面に設置されていて環境問題にも取り組まれていました。ゴミもできるかぎり少なくする努力をしていて、フランスパンの両端は家畜の飼料として再利用しているそうです。

そうそう! 割れたラスクはお徳用として販売していて、数に限りがあるそうです。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました