格安SIMは本当に安いのか?docomoとIIJmioで比較した

この記事は約2分で読めます。

格安SIM実践ガイド

こんにちは、ヒーニョンです。
格安SIMが本当に安いのか2017年2月現在を調査してみました。

月々の支払い比較

キャリヤ代表としてdocomoとMVNO代表としてIIJmioを似たプランで比較します。
機種はiPhone7 32GBモデル、データ容量は約5GBプラン、通話定額は1通話約5分に近いプランを選択し2年間のランニングコストを比較しました。

金額は税抜きで月々の支払い金額です。

docomoIIJmio
機種代金
iPhone7 32GB
24ヶ月分割
3,175円
月々サポート
-2,150円
Apple24回払い0%キャンペーン
3,200円
データ容量データMパック5GB
5,000円
ライトスタートプラン6GB
1,520円
通話定額カケホーダイライトプラン 2年間の定期契約あり
(5分以内の通話なら、国内通話無料。)
1,700円
ずっとドコモ割り
(ご利用年数4年以上の方)
-100円
音声通話機能付きSIM
700円
通話定額オプション
(誰とでも3分&家族と10分)
600円
月々の支払い7,925円6,020円(差▲1,905円)
2年間総支払い190,200円144,480円(差▲45,720円)
2年後の月々の支払い
機種代金精算完了
6,600円2,820円(差▲3,780円)

まとめ

2年間で約4万5千円も差がでますね。しかも機種変更しないで長く同じスマホを維持すると月で約4千円も差がでてきますので、キャリア(docomo, au, softbank)で2年毎に機種変更しない方はかなり損をしている状況です。
iPhoneは機種としては高額なので、安価な機種を選ぶともっと差が出てきます。

格安SIM市場規模は1年間で62%も増加していて、競争が激化しています。
独自サービス型SIMの契約数

いまは知っている人だけが得をしている状況ですが、今後はMVNOが一般的になってくるのでしょうね。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました