防水仕様のiPhoneまで待てないので、防水ケースを試してみた

この記事は約2分で読めます。

1 防水ケース水没1

こんにちは、ヒーニョンです。

iPhone水没させたことありますか?
僕は幸いなことに未経験です。レジャーに出かけると危険が一杯!BUNKER RING(以前の記事を参照)を付けているので、滑って落ちて水没ってことは少ないかと思いますが、内心ヒヤヒヤしています。
そこでオウルテック社の防水ケース(OWL-MAWP07WH)を購入してみました。

開封の儀

中身が見えるパッケージです。GALAXY Note3まで入るようなので、普通のスマフォには大きいかもしれません。
2 防水ケースパッケージ

中にはネックストラップも入ってました。首にぶら下げられて便利です。カラビナも付いているので用途が広がりますね。
3 防水ケース中身

開閉装置を内側に回転させると開きます。問題ない堅さです。
4 防水ケース開閉装置内側

iPhone6を入れてみました。
5 防水ケースiPhone6挿入

開閉装置を外側に戻すとロックされます。iPhone6サイズなら特にケースが大きすぎるような感じはしませんでした。
6 防水ケースロック

画面のタッチ操作は問題ないです。
7 防水ケースタッチ操作

タッチIDは?…残念(T-T)反応しません。
iPhoneの側面にあるボタンは問題なく押せます。
8 防水ケース側面ボタン

レバー状のサイレント切替ボタンも爪を使えば切り替えられます。
9 防水ケースサイレント切替ボタン

写真も撮れました。
10 防水ケース写真撮影

次の写真が実際にiPhone6で撮った写真です。ケースに入れている影響は感じませんでした。(解像度はブログ用に下げています)
11 防水ケースiPhoneカメラ画像

恐る恐る水の中に入れて見ました!!
12 防水ケース水没2

水中だとタッチ操作の反応は良くないです。水中での操作は期待できませんね。

まとめ

はやくiPhoneが防水仕様になればいいのですがね。でもアウトドアでは水没はもちろんですが、汚れも気になるのでケースに入っていたら安心ですね。またネックストラップは便利だなって感じました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

コメント

タイトルとURLをコピーしました