静岡県富士市の田子の浦港で秋が旬の生しらす丼を食べた

この記事は約3分で読めます。

しらす田子の浦港漁協食堂富士山盛りアップ

こんにちは、ヒーニョンです。

食欲の秋ですね。なにか旬のものを食べようとおもい調べてみると「生しらす」の旬は、春と秋になります。春は産卵ピークなので5月~6月はプリプリとした食感を楽しめます。秋の10月~11月は脂ののった甘みを味わえます。

シラス
カタクチイワシ・マイワシ・イカナゴ・ウナギ・アユ・ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称。
wikipedia

しらすを釜茹でしたものを「釜揚げしらす」といい、少し乾燥させたものを「しらす(干し)」、しっかりと乾燥させると「ちりめんじゃこ」と名称が変わります。
生しらすは冷凍保存ができないので、当日の水揚げ量で食べれるかどうかわからないので生しらすを食べる価値は十分にあります。
生しらすが有名なのは江ノ島ですね。
しらす江ノ島

他に調べてみると静岡県富士市にある田子の浦港が有名なようです。
しらす田子の浦港漁協外観

魚市場のような雰囲気の場所です。まだ10:30と早いのに中に入ると列ができています。
しらす田子の浦港漁協内観

行列の奥には田子の浦港漁協食堂です。
しらす田子の浦港漁協食堂

どれも美味しそうな写真が並んできます。
しらす田子の浦港漁協食堂メニュー写真

お値段は650〜850円でみそ汁付きです。
しらす田子の浦港漁協食堂メニュー

僕は富士山盛りにしました。みそ汁の中には魚やカニが入っていました。
しらす田子の浦港漁協食堂富士山盛り

富士山盛りは生しらすの上に富士山の雪に見立てた白い釜揚げしらすがのっています。
しらす田子の浦港漁協食堂富士山盛りアップ

漁港の船を眺めながらの食事も楽しいです。
しらす田子の浦港漁協食堂富士山盛り景色

田子の浦港はテレビCMにでています。
しらす田子の浦港漁協食堂CMポスター

氷川きよしで「白鶴まる」のCMです。
https://www.youtube.com/watch?v=snOb_7K6tFQ

この辺は「しらす街道」といわれているようです。
しらす田子の浦港しらす街道ポスター

ここ田子の浦港漁協食堂以外にも生しらすを提供してくれるお店がたくさんあります。
しらす田子の浦港しらす街道

まとめ

「ちりめんじゃこ」は食べたことがあったのですが、「生しらす」は初めてでした。プチプチとした食感と食材の甘みがして美味しかったです。「ちりめんじゃこ」とは別物ですね。
春は5月~6月、秋は10月~11月がシーズンです。ぜひ一度食べてみてください。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました