2018年3月Appleスペシャルイベントは教育機関向け

この記事は約3分で読めます。

AppleSpecialEvent201803 タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
2018年3月27(日本時間28日AM0:00) よりAppleスペシャルイベントが開催されました。
今回の案内状は「Let’s take a field trip(遠足に行こう)」です。どういう意味が隠されていたのでしょうね。

教育機関向け

Appleスペシャルイベントが3月に開催されるのは2年ぶりで、今回は同時中継はなかったので、終了後に動画配信されました。
約1時間の内容で、一言で表すなら「教育機関向け」の発表でした。
AppleSpecialEvent201803 ティム クック登壇

新しい9.7インチiPad (第6世代)

新しく発表されたデバイスが9.7インチiPadです。
AppleSpecialEvent201803 iPad

学校での必需品といえばノートと鉛筆ですよね。そこでiPadがApple Pencilに対応しました。
いままでiPad Proでしか使えなかったので朗報です。こうなるとProとの大きな違いはSmart Connectorの有無になります。
もちろん価格もリーズナブルで日本での価格は37,800円からです。(10.5インチiPad Proは69,800円から)
AppleSpecialEvent201803 iPadスペック

しかしApple Pencilは価格が高く10,800円します。今回、値下げもありませんでした。そこでサードパーティのlogitechから安価なペンがCrayon(クレヨン)が$49で販売されます。日本ではロジクールになるのですが、執筆時点では情報が公開されていません。
AppleSpecialEvent201803 ロジテックペン

Smart Connectorに非対応なのでキーボードに困ります。これもlogitechから安価なRugged Comboが$99で販売されます。
AppleSpecialEvent201803 Logitechキーボード

ソフトウェア

生徒向けのソフトウェアはもちろんのこと、教師向けのソフトウェアも開発中とのことです。Appleのデバイスは良い製品だと思うのですが、生徒向けのソフトウェアはWindowsやAndroidでも対応して欲しいですね。
AppleSpecialEvent201803 教育機関向け

iWordの3ソフト、ワープロソフト(Pages)、プレゼンテーションソフトウェア(Keynote)、表計算ソフト(Numbers)がApple Pencilに対応します。iWordは現在無料で使えるソフトです。ただビジネスではOfficeが強すぎて、僕は使えない状態です。教育機関の閉ざされたところでは、いいのでしょうが、これもWindowsやAndroidでも対応して欲しいですね。
AppleSpecialEvent201803 iWorkApplePencil対応

まとめ

新しい9.7インチiPad (第6世代)、僕は買わないです。だって10.5インチiPad Proを持っていますからね。
10.5インチiPad Proと比べるとスペックが落とされていますが、37,800円というのは魅力的です。昨年に10.5インチiPad Proと同時に発売されていたら、選択に悩んでいました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

Appleスペシャルイベント(基調講演)の歴史-過去記事まとめ
Appleスペシャルイベント(基調講演)の記事が増えてきたので、内部リンク集を作りました。歴史を振り返るのに使ってください。 2021年 9月 iPad(第9世代)、iPad mini(第6世代)、Apple Watch Series7、iPhone(13、13 mini、Pro) ハードウェア発表なし AirTag、Apple TV 4K(第6世代)、iM...

コメント

タイトルとURLをコピーしました