2019年6月WWDC19 開発環境は整った

この記事は約5分で読めます。

WWDC19 タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
日本時間2019年6月4日(AM2:00)よりWWDC19(Worldwide Developers Conferenc 2019)が米国サンノゼのMcEnery Convention Center開催されました。公演時間は約2時間20分で少し長めでした。
開催前にサイレントアップデートで iMac, MacBook Pro 2019, iPodが発売されました。

OS

tvOS 13

tvOSで発表されたのは次の3つの機能

  • マルチユーザー
  • 聞いている曲の歌詞表示
  • Xbox One Sコントローラー、PS DHUALSHOK 4に対応

Apple TVは何をしたいのだろうか? まったくやる気を感じないデバイスになってしまいました。カラオケでもゲーム機でもないはずです。
WWDC19 tvOS

watchOS 6

いままでiPhoneのコンパニオンアプリとして提供されていたwatchOSアプリですが、やっと独立しwatchOSのみのアプリとして提供できるようになります。
僕が所有している初代AppleWatchは現在でも毎日使っていますが、watchOS 6のアップデート対象外になっています。
WWDC19 watchOS

そろそろ新しいものに買い替えようかとも考えているのですが、使っている機能がiPhoneの通知を受けるのと、ウォーキングのワークアウトだけなので、動作はモッサリですが初代で十分なんですよね。
キラーアプリがでればいいのですがね。
WWDC19 watchOS-App

iOS 13

Macに続き、iPhoneでもダークモードが使えるようになります。
WWDC19 iOS

オンラインサービスにサインインするとき、FacebookやGoogleといったSNSのアカウントを使う場面があります。僕はFacebookはセキュリティが心配なのでGoogleを使っています。
WWDC19 iOS-SNS-Login

これがAppleでも使えるようになるそうです。「Sign in with Apple」
メールアドレスが必要な場合でもランダムなメールアドレスを作成し書き換えてくれるサービス付きだそうです。
WWDC19 iOS-SNS-Login-Apple

Googleは匿名でもデーターは使うので、まったく関与しないAppleの方が安心でいいなと考えています。
この話、iOSアップデート内での話なので、iPhoneだけなのか、Apple製品だけなのか、希望を言えば制限なくどのデバイスでも使えると嬉しいです。

iPadOS

これまでiPadはiOSで動作してきましたが、これからは専用OSのiPadOSになります。想像するにiPhoneとiPadの仕様が違いすぎて一つのOSでメンテナンスが大変になったのでしょう。これでパソコンに近づけやすくなります。
WWDC19 iPadOS

パソコンに近づけた機能が多く発表されました。

  • Split View は Note など同じアプリでも2つ表示できる
  • カラムビューでより見やすくなったファイルアプリ
  • SD Card / USB Drive 対応
    WWDC19 iPadOS-USBメモリ
  • iCloud Driveでフォルダーの共有が可能
  • 長いページの高速スクロール
  • 3本指でピンチインでコピー、3本指でピンチアウトでペースト、3本指でスワイプしてUndoなど新ジェスチャ
  • キーボードも新しくなって、「ミニキーボード」
    WWDC19 iPadOS-キーボード

macOS 10.15

OS名はCatalina(カタリナ)です。アメリカ合衆国カリフォルニア州南部にあるサンタカタリナ島です。昨年の砂漠は1回で終わってしまいました。
WWDC19 macOS-Catalina

iTunesが「Music」「Podcas」「Apple TV」の3つのアプリに別れます。iPhoneのバックアップ機能はMusicに引き継がれます。
2019.06.06追記:
iPhone、iPadの同期機能はFinderに移ったようです。これが普通ですよね。

WWDC19 macOS-iTunes

僕が一番注目したのがSidecarです。
iPadをMacのセカンドディスプレイにできる新機能です。ワイヤレスでも有線でも可能です。スタイラスペンに対応したMacアプリならiPadをペンタブレットにすることができます。サードパーティのアプリでできる機能なのですが、ラグが酷くて使いにくかったのですが、標準機能になるので期待したい機能です。
WWDC19 macOS-Sidecar

Macを探せる機能「FindMy」がオフラインでも検索可能になります。Bluetoothビーコンを使うそうです。オン・オフできるか分かりませんが、匿名化され安全だそうです。
紛失防止タグがサードパーティから販売されていますが、ユーザー数が少なくて使えないので、Appleの力でなんとかして欲しくなりました。

ハードウェア

名前の通りWWDCでは基本的にハードウェアの発表はないのですが、今回は2製品発表されました。

Mac Pro

本物のプロ用の製品が発表されました。
最大28コアIntel Xeon、メモリは1.5TBまで拡張可です。
でもこのデザインなんなんでしょう? おろし金と揶揄されています。前モデルのゴミ箱とは変わって、拡張性を重視したのは分かるのですが、工場にある機械の部品のように感じました。
WWDC19 MacPro

ベースモデルは8コアIntel Xeon Wプロセッサ、32GBメモリ、AMD Radeon Pro 580X、256GB SSD。価格は5,999ドル(約65万円)から発売されます。
全部盛りすると500万を超えるとも予想されています。今秋発売予定です。
WWDC19 MacPro-価格

Pro Display XDR

新型Mac Proと同じデザインのディスプレイが販売されます。久々のApple純正ディスプレイの誕生です。
WWDC19 ProDisplayXDR

32インチ(6,016×3,384ピクセル)、超広視野角のRetina 6Kで価格は4,999ドル(約54万円)です。非反射コーティングのものも用意され5,999ドルです。今秋に発売予定です。
で、専用スタンドは別売りで999ドル(約11万円)!
合計約65万円だから、もう一台Mac Pro買えるよね。
WWDC19 ProDisplayXDR-スタンド

まとめ

スマホ、タブレット、パソコンのOSは習熟してしまったのか、驚くような機能はありませんね。早く使ってみたい機能はたくさんありましたが、どれもやっと対応してくれた感じがします。
その割に習熟していないテレビや時計、車などは、やる気が感じられない。
Appleはどこに向かおうとしているのかな?
プライバシー保護を一貫して訴えるのはいいですね。新しいビジネスモデルができそうです。

僕はWinの開発しかしないのでMacやiOSの事情は詳しくないのですが、OSをまたいで開発できる環境は助かりますね。それからデモでUI開発していましたが、Viewだけで普通じゃない?って冷めた目で見てしまいました。
ではまたヾ(^^へ)

関連記事

Apple基調講演の歴史(過去記事まとめ)
Apple基調講演の記事が増えてきたので、内部リンク集を作りました。歴史を振り返るのに使ってください。2020年ハードウェア発表なし事前のリリース: iPhone SE (第2世代)、AirPods Pro、MacBook Pro 2020(Coffee Lake)、11インチiPad Pro (第2世代)、12.9インチiPad Pro (第4世代)2019年iPhone(11...

コメント

タイトルとURLをコピーしました