2TBのポータブルHDDが1万円を切った日

この記事は約3分で読めます。

WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBKパッケージ

こんにちは、ヒーニョンです。

自宅の外付けハードディスクの空き容量が少なくなってきたので増設を考えていました。少し価格が高くなるのですが形状はポータブル、容量は2TB、価格が1万円を切ったら買おうと思っていたのですが、なかなか価格が下がらないまま半年ほど経過していたのですが、とうとうAmazonタイムセールで発見しました。
WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBKAmazonタイムセール

タイムセールが終わった執筆時点での価格は11,980円になっています。待った甲斐がありました(*^_^*)
Amazonタイムセールでは、ときどき掘り出し物があるので、僕は毎日気になるカテゴリで絞り込んで見ています。

ところでハードディスクに「WD」のロゴが書かれたメーカーをご存じでしょうか?
「ウェスタン・デジタル」というアメリカの会社です。国内では自作パソコンなどを作られている方ならご存じかと思いますが、ほどんど知らないと思います。しかし2012年のシェアは44.5%と1位なのです。さらに2015年にはサンディスクを買収し勢力を高めています。
実は2011年に日立製作所のストレージ部門の日立グローバルストレージテクノロジーズを買収した経緯もあります。

開封の儀

シンプルなパッケージです。
今回購入した製品の仕様は、2TB、USB3.0、NTFSフォーマット済みです。よくある質問が「Macで使えますか?」なのですが、結論からいうと使えます。ただNTFSフォーマットはMacでは読めないので、面倒ですがMacで読めるようにフォーマットをし直す必要があります。
WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBKパッケージ

アメリカの会社ですが、日本語で書かれていて安心です。
WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBKパッケージ裏面

小さくていいですね。USB3.0のケーブルが付いていて、ケーブルは細めなので取り回ししやすいです。
WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBK中身

ハードディスク側のコネクターはMicro-Bです。ハードディスクにはこの形状が多いですね。いろいろなコネクターがあって面倒なのですが、間違わないようにしているのでしょうね。
WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBKケーブル接続部

底面にはゴム製の足が付いていて滑りにくくなっています。ポータブルは軽いのでケーブル取り回しを少し変えるだけで動いてしまいやすいので、滑り止めが付いているのは評価できます。
WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBK本体底面

以前の記事「USB 3.0 スピードの恩恵を受けていますか?」で書いたのですが、USB3.0対応だからといて高速だと勘違いしてはいけません。僕は所有しているUSB3.0のハードディスクでWriteが97.6と55.6MB/sのものがあり、倍も違います。
恐る恐る、今回購入した「WD HDD ポータブル ハードディスク Elements Portable 2TB 」のスピードテストをしてみました。結果はWrite100.1MB/s、Read102.3MB/sでていて、速かったのでよかったです。
WDElementsPortable2TBWDBU6Y0020BBKSpeedTest

まとめ

最近のUSB3.0ハードディスクはWriteとReadが100MB/sほどでていたら合格点のようです。こういうこと何処にも書いてないから購入するときは不安です。環境によって変わるからなのでしょうがね。
安心できるのが保証期間が3年もあるのです。普通、周辺機器だと半年や1年が相場です。自身があるのでしょうね。でもアメリカの会社なので修理を依頼するのは大変だったという口コミを目にしました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました