Amazonで購入した商品が初期不良品だったとき交換する方法

この記事は約6分で読めます。

Amazon交換方法 タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
この記事ではAmazon販売で購入した商品が運悪く不良品だったときの交換方法をまとめました。大型商品で交換するのが不安な方にとっても参考になればと思います。
返品については次の記事を参考にしてください。

Amazonで購入した商品を着払いで返品する方法
こんにちは、ヒーニョンです。Amazonで安心して買い物をするために返品についてまとめます。交換方法については次の記事を参考にしてください。Amazonに返品ができるのは、Amazon.co.jpが発送した商品だけです。販売はAmazon.co.jpでなくても大丈夫です。発送が出品者の場合は出品者とのやり取りになるので泣き寝入りになる確率が高いです。僕は出品者の発送する商品を購入...

Amazonで交換できる前提条件

大原則

Amazonサイトで返品・交換の条件が書かれています。

Amazon.co.jpおよびAmazonマーケットプレイスの大半の出品者は、原則として商品到着から30日以内の返品・交換を承ります。
Amazon 返品・交換の条件

「交換」で注意すべき条件は「Amazon.co.jpが販売、発送する商品」であることです。「出品者が販売し、Amazon.co.jpが発送する商品」は「交換」できず「返品」のみ可能です。
Amazon交換方法 Amazon.co.jpが販売、発送する商品

交換できる商品の種類

ダウンロードコンテツ、食品、飲料、お酒などは交換できません。詳しくはAmazonサイトの返品・交換の条件に書かれています。

条件が複雑で調べるのは面倒です。そこで、交換できるかどうか確認する簡単な方法があります。それはAmazonの購入履歴をみて「商品の返品」ボタンがあるかどうかです。返品と交換は条件が違うのですが、販売が「アマゾンジャパン合同会社」となっていたら交換できる可能性は高いです。
Amazon交換方法 返品ボタン

製品メーカーの確認

初期不良品であるという根拠が必要です。たとえば液晶モニターなら画面にドット落ちが数箇所みられるから初期不良品だと言いたいところですが、メーカーはドット落ちを不良品だと認定しないからです。
確実な方法はメーカーのサポートを受けて不良品である可能性が高いと言ってもらうことです。
使い方を間違えているだけかもしれません。

僕の場合は、快適に使用していたのですが20日経過すると画面に十文字の発色しない部分ができ、メーカーのサポート部門に連絡して故障の可能性が高いと言っていただきました。
Amazon交換方法 不良品

交換手順

Amazonに連絡

どこに連絡すればよいのか、現状のAmazonサイトでは分かりにくいですし、日々サイトが変化しています。
Amazonサポートの電話番号は「0120-999-373」です。固定電話、スマホからでも無料でかけられますが、直接電話するのはやめて、逆に電話をかけてもらいましょう。

理由としては、Amazonアカウント、対象商品を紐付けるのに口頭で話すのが面倒だからです。
次のリンクにアクセスしてください。※ご自身のアカウントでAmazonにログインしてください。
Amazon フォームからお問い合わせ

  1. お問い合わせの種類を選択
    「注文について」から交換する商品を探して選びます。
    Amazon交換方法 お問い合わせ種類-1
  2. お問い合わせ内容を選択
    お問い合わせ内容を「返品、交換、返金」し、詳細内容を「交換方法について」を選びます。
    Amazon交換方法 お問い合わせ種類-2
  3. お問い合わせ方法
    電話ボタンを押し、電話番号を入力するとすぐに電話がかかってきます。
    Amazon交換方法 お問い合わせ種類-3

電話の内容

Amazonサポート担当者から本人確認で最初に氏名を聞かれました。
僕から話した内容は次の3つです。

  • 交換したい意思
  • 商品の不具合症状
  • メーカーに故障であるか事前確認したこと

Amazonサポート担当者からの回答は「交換します」でした。
僕が交換する上での心配していた3つの懸念事項を聞きました。

  • 商品のパッケージは処分して手元に無い
  • 商品が大型すぎて返品する梱包材が用意できない
  • 商品が大型で自分では運送会社まで運べない

Amazonサポート担当者からの回答は、

  • パッケージはなくても返品可能です。本体、付属品が揃っていれば大丈夫です。
  • 梱包材は支給できないが、交換品を先に配送するので交換品のパッケージに中身を詰め替えて返品してください。付属品のケーブル等は入れ替えなくても構いません。(一式揃っていればよい)
  • 自宅まで集荷できるサービスを用意しています。サポート後に返品方法をメールにて案内します。その中に集荷依頼できるURLを書いていますのでご利用ください。すべて無料です。
    Amazon交換方法 返品方法メール

翌日Amazonサイトの注文履歴を見ると、0円で交換品が発送されていることが確認できました。手元に届くまでの期間も普通にAmazonで買い物をするのと同じです。
Amazon交換方法 0円で交換品

返送方法

先出しで交換品が届いたので動作確認しました。一瞬ですが夢にまで見た湾曲デュアルディスプレイです。大きすぎて写真を撮るには写り込みが大きすぎて全貌はお見せできません。
Amazon交換方法 先出し交換品

不良品を交換品のパッケージに詰め替えます。返品方法のメールに記載されている「返品ID」と「返品理由」をメモ用紙に書き同梱します。
Amazon交換方法 メモ添付

返品方法メールにあった着払いの集荷サービスのサイトにアクセスすると郵便局のサイトでした。
ゆうびんIDは持っていないので「今すぐ集荷依頼をする」をクリックします。
Amazon交換方法 着払い集荷-1

送り主の情報を入力するのは面倒ですが手書きの送り状を書くよりは楽です。
集荷日時を細かく指定できますし、荷物が大型であることを事前に知らせることができ安心です。
Amazon交換方法 着払い集荷-2

集荷当日に配達員が記入済みの送り状を持って訪問してくれるので、荷物を渡すだけです。
Amazon交換方法 着払い集荷-3

Amazonに不良品が到着する予定日の翌日には、返品完了の通知がメールできました。これで交換完了です。
Amazon交換方法 返品完了

まとめ

メーカーに不具合を訴えたときの反応は良いものではありませんでした。客に落ち度があるかのような対応でした。状況により無償で修理をしますが、部品があれば2週間、なければそれ以上の期間が必要だということでした。
せっかく購入したのに2週間以上も使えないとは運が悪すぎです。

そこで思いついたのがAmazon交換方法でした。この方法だと先出しなので商品を使えない期間がなく、仕事で使っているので助かります。
さらに保証期間が伸びるのです。交換品は新品を購入したのと同じ扱いなので、交換品が届いた日からAmazon30日保証がはじまります。メーカー保証も同じです。

大型商品をメーカーで修理する場合、送るのが大変です。Amazonなら先出し商品のパッケージを使い回せるので梱包は楽ですし、無料で集荷サービスを受けられます。

有名メーカーでも初期不良というのはよくあることです。そう考えると、商品を買う販売店選びも重要だと感じました。
少し割高でも「Amazon.co.jpが販売、発送する商品」を買った方が安心できると実感しました。ほとんどの場合が安いですしね。
Amazonでなくても販売店の保証があるので、メーカー保証に納得がいかないとき、販売店保証を調べてみるべきだと思いました。

今回は商品入れ替えまで2日、返品手続き完了まで5日でした。素晴らしいサービスでした。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました