Apple純正のiPhoneスタンドLightning Dockを使ってみた

この記事は約4分で読めます。

IPhoneLightningDock タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
Apple純正のiPhone Lightning Dockを購入しました。
発売されたのが2015年なので古い商品なのですが、iPhone7で無くなったイヤホンジャックを使いたくての購入です。

価格

AppleストアではiPhoneの仕上げと同じカラフルな色のiPhone Lightning Dockがあります。お値段がなんと5,200円もします。
IPhoneLightningDock AppleStoreカラー

調べてみるとホワイトも販売していて、こちらは4,200円!なんと1,000円も安いのです。カラーの方が仕上げがアルミ仕上げなので、ホワイトはプラスチック製のようです。価格の違いは仕上げの違いだけで機能的には同じです。
iPhoneの色も購入する度に違うから、安いし色が合わせやすいホワイトを購入しました。
ホワイトは発売当初は4,500円だったようで、為替の影響で安くなっていると思います。
IPhoneLightningDock AppleStoreホワイト

開封の儀

非常に小さな製品ですが、大切にダンボールに梱包されてやってきました。
IPhoneLightningDock ダンボール

アクセサリも手を抜かないAppleのパッケージです。
IPhoneLightningDock パッケージ

開け方を悩んだのですが、裏に矢印がありました。
IPhoneLightningDock パッケージ背面

プラスチック製でも質感はいいです。iPhoneに付属している電源アダプタのようなツヤツヤした仕上げです。
IPhoneLightningDock 本体正面

Lightning端子が斜めに飛び出しています。角度は変わりません。
IPhoneLightningDock 本体側面

僕にとって重要なイヤホンジャックが左側に付いています。右がLightning端子です。
IPhoneLightningDock 本体背面

裏面は滑らないようにゴムのような素材です。
IPhoneLightningDock 本体裏面

iPhone装着

僕のiPhone 7にはAndMeshのメッシュケースを取り付けています。

このメッシュケースのLightning周りは奥行きがあります。
iPhone Lightning Dockの膨らんでいる白い部分は約2.5mmでLightning端子の金属部分が約6.5mmです。
IPhoneLightningDock ケース干渉

iPhone Lightning Dockに繋いでみるとピッタリでした。
IPhoneLightningDock ケース干渉なし

裸のiPhoneを載せると下部にすき間が空きますが、見た目は良いです。
IPhoneLightningDock ケースなし

比較

スマホスタンドなんだけどNintendo Switchにピッタリ」の記事で紹介したLomicall iphone スタンドとの比較です。
IPhoneLightningDock スマホスタンド

大きな違いはLomicall iphone スタンドは傾きを変えられるのですが、iPhone Lightning Dockは角度がキツく約74度の固定です。上から覗き込むような体勢だと見づらいです。
IPhoneLightningDock スマホスタンド角度調整

Lomicall iphone スタンドはiRingなどの落下防止リングが干渉するので工夫する必要があります。
IPhoneLightningDock iRing干渉 スマホスタンド

iPhone Lightning DockはiRingは干渉せず、背面はスッキリとします。
IPhoneLightningDock iRing干渉

Lomicall iphone スタンドは背面を持って指で押さえつけないと角度調整機能があるので角度が変わってしまいます。

親指でTouch ID指紋認証は難なくできますが、僕は手荒れのせいで親指の指紋認証の精度が悪いので、中指を登録しています。
IPhoneLightningDock TouchID親指

中指だとホームボタンが床面に近すぎて押しづらいです。
IPhoneLightningDock TouchID中指

Lomicall iphone スタンドの充電には当然ながらLightningケーブルを差し込む手間がかかります。
IPhoneLightningDock スマホスタンドLightning

iPhone Lightning Dockは片手でLightningを差し込めます。しかし、外すときは持ち上がってしまうのです。これは非常に残念です。
IPhoneLightningDock 取り外し

片手で取り外せるように考えてみました。まず百均で衝撃吸収パッドを購入してきました。
IPhoneLightningDock 衝撃吸収パッド本体

衝撃吸収パッドをiPhone Lightning Dockの裏面に貼り付けます。ハサミで切って全面に貼り付けたほうが良いです。
IPhoneLightningDock 衝撃吸収パッド貼り付け

衝撃吸収パッドの粘着力が絶妙でiPhone 7を持ち上げると上手く外れます。iPhone Lightning Dockを持ち上げれば衝撃吸収パッドは直ぐに外れます。
IPhoneLightningDock 衝撃吸収パッド取り外し

まとめ

iPhone Lightning DockはiPhoneの画面をみることには向いていません。音楽を聞いたり、単純に充電する場合に有効です。スタンドとしては期待しないほうがよいです。
本題のイヤホンジャックの使用感については次回の記事を参照してください。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました