iPhoneケースはパワーサポートが安心して購入できる

この記事は約4分で読めます。

パッケージ


パッケージ


いつもiPhone発売日から遅れて発売されるエアージャケットですが、新しいiPhoneをキッチリ研究してから発売しているので仕方ないですね。
そんなわけで、ようやく購入できました。

パッケージ裏面


パッケージ裏面

僕はそれまでの繋ぎとして、安いケースをしばらく使う羽目となります。
短い期間でしたが、今回この安いケースは割れてしまいました。

安いケース

割れてしまった安いケース

iPhone5に続きiPhone6用にパワーサポートのエアージャケットを購入しました。
他のメーカーと一番の違いはiPhoneにキッチリハマる形状の精度が高いことです。ただ欠点としてはケースを外すのが難しいことです。説明書に外し方が書いてあるほどです。でもキッチリハマりすぎて外すときに割れそうな気がします。

ケースの外し方

ケースの外し方

カメラ回りの切り欠きは、iPhone5のときは乱反射防止の黒い縁が付いていたのですが、iPhone6用から無くなりました。もともとフラッシュ撮影はしないのでデザイン重視で見ると黒い縁はない方がいいですね。
iPhone6はレンズが飛び出しているのですが、ケースの厚の方が勝っているので安心です。

カメラ回りの切り欠き


カメラ回りの切り欠き

ボタン回りの切り欠きは、iPhone6のボタンが長くなったのもあって、ケースの厚みよりボタンは凹んでいますが、指の腹でも操作できます。

ボタン回りの切り欠き


ボタン回りの切り欠き(左側)

 

ボタン回りの切り欠き(右側)


ボタン回りの切り欠き(右側)

iPhone下部のスピーカー、ケーブル接続部回りの切り欠きは、一つひとつを丁寧に切り欠きがしてあるので、下部の保護は安心です。
イヤホン部分は上がオープンになっていますが面をとってあるのでポケットのなかから取り出すときに引っかかることはないと思われます。(※iPhone5用はよくポケットに引っかかっていました)

iPhone下部の切り欠き


iPhone下部の切り欠き

 

iPhone下部の切り欠き(ケーブル接続)


iPhone下部の切り欠き(ケーブル接続)

縁は液晶面より若干飛び出しているので、iPhoneをうつぶせに置いても液晶面が傷つかない設計が素晴らしいです。

うれしいのがフィルム付きです。iPhone5用は光沢とアンチグレアの合計2枚入っていたのですが、iPhone6用は光沢のフィルムが1枚となりました。

付属品

付属品

価格は他のメーカーと比べると高いですが、安心して購入できる商品です。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました