【お知らせ】ドメインを変更しました。

MacBook Pro 13インチ(2016, 2017)用のメッシュケースが誕生したのでiPhone7と揃えてみた

この記事は約6分で読めます。

MacBookProMeshCase タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
AndMeshからMacBook Pro 13インチのメッシュケースが発売されたので購入してみました。

開封の儀

対応機種は、13インチのMacBook Pro(A1706/A1708)2016年10月、2017年6月発売、Touch Bar有り無し両モデル対応しています。
白色のダンボール箱に入って届きました。
MacBookProMeshCase パッケージ

エアーキャップでしっかりと守られています。
MacBookProMeshCase 養生

中には本体のトップケースとボトムケース、そして取説です。
僕はブラックを購入しましたが、ホワイトもあります。
MacBookProMeshCase 同梱物

重量

気になる重さは305gでした。13インチのケースとしては、やや重めです。メッシュデザインで穴が開いているから少しは軽いのかと思ったのですが、素材が厚めでしっかりとしているので重くなっているようです。
MacBook Pro(13インチ, Late 2016) に合うインナーケース」の記事で紹介したインナーケースは213gでした。
MacBookProMeshCase 本体重量

MacBook Pro 13インチにケースを取り付けた状態の重量は1,675gです。
MacBookProMeshCase 装着時総重量

取り付け

ケースの取り付けには一切工具は必要ありません。パチン、パチンとはめ込むだけです。
MacBookProMeshCase 取り付け方

ケースをよく見ると小さな爪がでています。僕の肉眼では見えないほど小さいです。これがMacBook Proに挟み込まれます。
MacBookProMeshCase 爪

ケースのゴム足部分は両面テープで貼り付けているのではなく、裏面まで貫通していてはめ込まれていますので耐久性は高そうです。
MacBookProMeshCase ゴム足内側

デザイン

メッシュのデザインがお気に入りで購入しました。
MacBookProMeshCase 装着 前面

MacBook Proのリンゴマークが薄っすらと顔を出します。
MacBookProMeshCase 装着 Appleマーク部分

iPhone7にもAndMeshのケースを付けているので並べてみると、MacBook Proの方がメッシュの穴が大きいです。
見た目の質感は変わりないのですが、さわった感覚は違います。iPhone7は日本製エラストマーで少し柔らかい素材ですが、MacBook Proはドイツ製ポリカーボネートで少し固い素材です。しかしマッドな仕上がりで傷は目立たなそうです。
iPhone7の記事は「お洒落なAndMesh社のメッシュケースに落下防止リングは貼り付くのか?」を参照してください。
MacBookProMeshCase 装着 iPhoneケース比較

ディスプレイの開閉

ディスプレイを開くときの取っ手部分は切り込みが入っているので操作はしやすいです。
MacBookProMeshCase 装着 正面

そしてMacBookの特徴である片手で開ける操作も問題ありません。
MacBookProMeshCase 装着 ディスプレイ開閉

ケースの存在感

爪で引っ掛けて取り付けるタイプのケースですが、パソコン使用時にはケースが見える部分は少なく気になりません。
MacBookProMeshCase 装着 Mac使用時

ベゼル部分はキレイな仕上がりです。
MacBookProMeshCase 装着 ディスプレイベゼル部分

MacBookProMeshCase 装着 ヒンジ部分

底部分

MacBook Proの左右とヒンジの排熱スリット部分はケースでもしっかりと開口部があり安心できます。
MacBookProMeshCase 装着 底面

特にディスプレイを開いたときのヒンジ部分はうまくできています。
MacBookProMeshCase 装着 ヒンジ底面

ゴム足が柔らかい素材なのでMacBook Proが滑りにくくなりました。
MacBookProMeshCase 装着 底面ゴム足

コネクタ部分

MacBook Proのコネクタ部分はボトムケースが切り欠かれています。
MacBookProMeshCase 装着 コネクタ部分 開閉

ディスプレイを閉めるとキレイに包まれているように見えます。
MacBookProMeshCase 装着 コネクタ部分

Apple純正のUSB-Cやイヤホンはケースと干渉しませんが、かなりギリギリの切り欠きに見えます。
MacBookProMeshCase 装着 コネクタ部分 周辺機器接続1

僕が持っている少し太いケーブルを挿してみると、大丈夫でした。
MacBookProMeshCase 装着 コネクタ部分 周辺機器接続2

MacBook Proの側面にピッタリとつけるような、USB-Cのハブは干渉します。

MacBook Proの左側のコネクタ部分はイヤホンジャックはありませんが、切り欠きの大きさは左右同じです。
MacBookProMeshCase 装着 左側コネクタ部分

取り外し方

かなりキッチリとはまり込んで装着しているので、外すのは意外と難しいです。ケースを割ってしまいそうに感じました。気軽につ付けたり外したりを想定した使い方には向いていません。
MacBookProMeshCase 取り外し方

まとめ

ケースを付けたまま持ち運ぶとき、若干、重くなったと感じるのですが、手のフィット感はとてもよいです。
AndMeshのメッシュケースはiPhone7ではじめて使ったのですが、気に入ってしまい、今回のMacBook Pro用の購入にいたりました。実際に手にしてみて大満足です。
iPad Proの10.5インチ用のメッシュケースが発売されたら欲しいと思っているのですが、スマートカバーの開口部があると嫌だなーって思っています。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

MacBook Pro 13インチ(Late 2016)の関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました