Nintendo Switchのプロコンの2つの不満を解消できたプロコン専用カバー

この記事は約6分で読めます。

NintendoSwitch プロコンカバー タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
Nintendo Switchのプロコンを使っていて不敏に感じることが2つあります。
1つ目が、プロコンをテーブルの上に置いておくと滑って落下させてしまうのです。傷は気にしていないのですが、故障してしまうのは困ります。
2つ目が、ARMSをやっているときに特に感じるのが、親指の腹が痛いのです。ARMSはアナログスティックを押し込んでガードをするゲームなので、長い時間、押し込んだままだと痛くなるのです。力が入りすぎる僕が悪いのですがね。

そこでプロコン用のカバーがないかAmazonで調べてみると、いくつか見つかりました。
ただ残念なことにAmazonレビューを読んでみると、どれも評価が良くないのです。

プロコン用カバー

プロコン用カバー + アナログスティックカバー付き

アナログスティックカバー

開封の儀

たまたまタイムセールで安かったアナログスティックカバーまで付いた製品をダメ元で買ってみました。

想像通りなのでショックではありませんが、雑な梱包で送られてきました。
NintendoSwitch プロコンカバー パッケージ

シリコンの質感はいいかんじですが、アナログスティックカバーはバリがでています。
NintendoSwitch プロコンカバー 同梱物

プロコンカバー取り付け

プロコンカバーを取り付けてみると、ピッタリとフィットします。
NintendoSwitch プロコンカバー シリコンカバー取り付け

裏側の中央は大きく空いていますが、ここからプロコンを差し込みます。
NintendoSwitch プロコンカバー シリコンカバー取り付け裏面

ボタンの動作確認をすると、ZLとZRボタンがカバーと干渉して押せません。これもAmazonのレビューにあったので想定内です。
NintendoSwitch プロコンカバー ZL ZRボタン干渉

干渉部分をカッターで切断しました。
NintendoSwitch プロコンカバー ZL ZRボタン干渉部切断

これで問題なく操作できます。他のボタンは問題なく押せますし、十字キーはカバーの厚みで高さが浅くなって押しやすくなりました。
NintendoSwitch プロコンカバー ZL ZRボタン干渉部切断後取り付け

握った感じも、イボイボが心地よく、手汗で滑ることもありません。もちろんテーブルから滑り落ちる心配も減りました。

アナログスティックカバー取り付け

アナログスティックカバーは4種類で合計8個付いています。
硬すぎず軟すぎずでちょうどよい硬さです。
高さが2種類あり、高いほうが約12mmかさ上げされ、低いほうが約4mmかさ上げされます。
高いほど、アナログスティックの支点からの距離が長くなるので、動かす操作範囲が広くなるのですが、細かな操作はやりやすくなるメリットがあります。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー側面

直径は約20mmになります。手触りが2種類あり、凸でイボイボが付いているものと、凹んでいるものです。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー上部

それぞれ試してみて、僕の好みはイボイボで高いほうでした。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー取り付け

試しにスプラトゥーン2をやってみると、歩くのが遅いのです!? 強く押し倒すと通常の速さになるので、スティックが2段階で調整できるのかと思っていたら、常に普通の速さになったり、遅いままだったりと不安定なのです。調べてみると、アナログスティックカバーとプロコンカバーが干渉しているのです。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー干渉

このことはAmazonレビューになかったのですが、アナログスティック周りを切り広げてみました。ただし右スティックはA-Bボタンの開口部があるので、開口部が繋がらない残ししました。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー干渉部切断

プロコンの膨らんでいる部分まで切り広げると大丈夫になりました。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー干渉解消

ARMSやスプラトゥーン2をやっていると、ついつい熱中して力が入ってしまいアナログスティックカバーが取れてしまうのです。
そこでゴム素材用の両面テープで補強してみました。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー外れ

良くなったのですが、それでも長くやっていると外れるのです。
そこで両面テープを十字にしてスティックのサイドまで巻き込むように貼り付けます。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー外れ防止

アナログスティックカバーは上から押し込むのではなく、片側から溝にはめ込むように回転させながらスティック先端を巻き込むように取り付けます。
NintendoSwitch プロコンカバー アナログスティックカバー取り付け巻き込み

これで1週間ほど使っても取れなくなりました。もちろん外そうと思えば外れます。
親指の腹も痛くならなくなりました。

まとめ

いろいろと手間がかかりましたが、結果的には当初の2つの不満を解決できて良かったです。
快適にネット対戦できて楽しいのですが、腕前が上がらない…

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました