念願の圧力鍋を買ったぞ! 省エネになるとは知りませんでした

この記事は約3分で読めます。

圧力鍋タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。

前から欲しかったのですよね。圧力鍋! でも1万円くらいするじゃないですか、だから買うのをためらっていたら、なんとAmazonのセールで安くなっているので思わず購入してしまいました。

開封の儀

購入したのが「魔法のクイック料理 両手圧力鍋 5.5L 【超高圧140kPa】 (蒸しす・浜田陽子の80レシピ本付き) AQDA55」です。通常8,405円のところ6,277円で購入できました。
圧力鍋パッケージ

かなり可愛いパッケージです。一見オモチャのようですがAmazonの評価は高いのです。しかしこのパッケージを、おじさんがお店で買って持ち帰るには勇気がいります。でもAmazonだと配達してくれるのでよかったです。
圧力鍋パッケージ側面1

圧力鍋って省エネになるのですね。知らなかったです。
圧力鍋パッケージ側面2

圧力鍋は初めてなので、まったく使い方が分かりません。こまかく使い方が書いてあって難しそうです。
圧力鍋開封1

本体が見えてきました。
圧力鍋開封2

本体は一部がピンクなので、問題ないデザインでしょう。
圧力鍋本体

取説とレシピが付いています。
圧力鍋マニュアル

フタの裏には圧力調整装置が真ん中に付いています。縁にはパッキンが付いています。
圧力鍋フタ裏側

鍋の中には、まだ何か入っています。
圧力鍋内側1

蒸すときの上げ底のようです。
圧力鍋上げ底

5.5Lも入ります。十分な大きさです。
圧力鍋内側2

上げ底を付けてみました。
圧力鍋内側3

上げ底に足を入れてみました。
圧力鍋内側4

フタの開閉は慣れれば簡単です。△マークがフタと取っ手に付いているので合わせます。
圧力鍋本体レバー開

フタを回転して取っ手に合わせます。スイッチを外側に入れるとロックされます。
圧力鍋本体レバー閉

圧力調整装置を真っ直ぐにしたら完成です。
圧力鍋本体弁閉

まとめ

イメージトレーニングはできました。次回は、圧力鍋といえばあの料理ですよね。実際に作ってみたことを書きます。

ではまたヾ(^^へ)
つづく…

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました