無料のウイルス対策ソフトで感じたデメリット そしてオススメは?

この記事は約5分で読めます。

ウイルス対策ソフト パッケージ

こんにちは、ヒーニョンです。
パソコンやスマホを購入すると同時に必要となるのがウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)です。できることならお金をかけたくないです。と言って無料のもので本当によいのでしょうか?
結論からいうとNO!です。それは安いなりの理由があるからです。

ウイルス対策ソフト一覧

有名なウイルス対策ソフトを単価の高い順に並べました。ただし直販サイトでの価格でセールでの割引は除いています。

商品名
(リンクは直販サイト)
税抜価格
(2020年3月現在セール価格除く)
1年1台当り
ノートン 360 デラックス3年3台 13,080円1,453円
ウイルスバスター クラウド
(Trend Micro)
3年3台 12,345円1,372円
ESET インターネットセキュリティ3年3台 7,500円833円
カスペルスキー セキュリティ3年5台 11,250円750円
ZEROスーパーセキュリティ
icon(Bitdefender Internet Security)
無期限3台 5,900円656円
(3年として計算)
マカフィー リブセーフ3年台数無制限 9,072円605円
(5台として計算)
AVG無料無料
アバスト無料無料

全8商品で価格はさまざまです。
第三者機関でウイルス対策ソフトを調査しレポートしている団体があります。AV-ComparativesAV-TESTです。英語なので分かりづらいですが、評価結果は当然ですが価格に比例している傾向があります。

無料の理由

無料といっても開発しているのは営利団体です。日々現れる新種のウイルスに対応するためには資金が必要です。2020年1月に報道されたアバストは顧客のWeb閲覧データを収集し、子会社を通じて多くの巨大企業に販売していることが明るみになりました。

ウイルス対策ソフトAvast、ユーザーのWeb閲覧データを販売した子会社の運用を終了へ - Engadget 日本版
SOPA Images via Getty Images 先日ウィルス対策ソフト大手のAvast Softwareが顧客のWeb閲覧データを自社のソフトにより収集し、子会社のマーケティング分析企業JumpShotを通じて多くの巨大企業に販売していたとの調査結果が報じられていました。 これを受けてAvastのCEOを...

僕はパッケージソフトを販売しているソフトメーカーで開発経験があります。会社にはサポート部門がありましたので、問い合せ情報をよく目にしていました。インストール時のトラブルで多いのがウイルス対策ソフトによる誤検知です。インストール時に必要なファイルが回収されてしまいソフトが正常に動作しないのです。解決策としてウイルス対策ソフトを一時的に停止してからインストールします。
不思議なことにインストールさえすればソフトは問題なく動作します。ソフトの活動を監視しているというよりはインストールされるファイルのバイナリをみて検知しているようです。

この誤検知を起こすのが無料もしくは安価なウイルス対策ソフトです。ソフトメーカーとしてリリース前に有名なウイルス対策ソフトで検知されないかテストはしているのですが、日々定義ファイルが替わるので完全に防ぐのは難しいですし、そもそもの目的が自社の製品にウイルスが紛れ込んでいないかのチェックです。

とはいえ、お客様も困るので、誤検知するウイルス対策ソフトメーカーに直談判「誤検知されて困っている」と連絡すると、あっさりと分かりましたと誤検知されないように修正されます。今度はファイル名で除外しているのかと不安になります。

以上の経験から僕は無料のウイルス対策ソフトはオススメしません。

安価の理由

安価なウイルス対策ソフトは無料に比べると誤検知は少ないように感じますが、新種のウイルス対応が遅いと感じました。

僕が開発に携わったソフトで不思議な現象が起きると全国から10件の問い合せを受けたのです。その現象はタイトルスプラッシュの画像にノイズが入り、画面が乱れて起動しないというのです。

サポート部門で解決できないので、僕が現地に乗り込んで現象のでるパソコンを直接調査しました。
原因はウイルスに感染していました。安価なウイルス対策ソフトを入れていましたが駆除できず、手動で削除しても直ぐに復元するウイルスでした。お客様の許可を得てノートンの体験版を入れると直ぐに駆除され、僕が開発したソフトは問題なく動作するようになりました。
ノートンストア

同様の現象がでているお客様のウイルス対策ソフトを調べると、やはり安価なものでした。たまたまだったのかもしれませんが僕の印象は悪くなりました。

僕がノートンを使う理由

僕はノートンを30年ほど使い続けています。そしてソフトウェアベンターとしてお客様のサポート情報を15年見てきて、ノートンで誤検知、ウイルス感染によるサポートが起きたことはありません。安心して使えるのです。

ノートンに対して不満だったのが、週初めにパソコンを起動するとウイルススキャンが始まります。そうするとパソコンが重くて1時間位はプログラミングするのが厳しくなっていました。
しかし2010年位からアイドル中(パソコンが暇なとき)にウイルススキャンするので気にならなくなりました。

一番の問題は価格です。ノートンにはクレジットカードによる自動更新があるのですが割高です。僕は少しでも安くするために期限が切れる前にAmazonでセールを狙って購入しています。安いときには3年3台版が7,000円(税抜)です。自動更新13,080円と比べると6,080円OFFです。

ウイルス対策ソフト Amazonセール

ノートンの期限が切れたら、事前購入しておいたものでライセンスを追加してデバイスを登録するだけです。インストールし直す必要はありません。自動更新に比べると手間ですが、3年に1回の作業ですので我慢します。
ウイルス対策ソフト ライセンス追加

まとめ

余り使わないサブマシーンで、ブラウジングすることも、ソフトをインストールすることもないのでしたら、安価なウイルス対策ソフトでも構わないと思います。しかし毎日使うのでしたら、不要なトラブルに巻き込まれないためにもノートンが安心して使えると実感しています。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます


ノートンストアノートンストア

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました