自撮り棒 考え抜いて選んだのがコレ!

この記事は約4分で読めます。

1自撮り棒タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。

皆さん、自撮りはしますか?海外ではselfie(セルフィー)という言葉が生まれるほど自撮りが人気です。

僕は旅行が好きで、よく一人旅になるのですが、カメラを撮ってもらうのをお願いするのが照れくさくて、いつも一人で片手を伸ばして撮っています。いまどきスマホのカメラも性能がよく、インカメラを使えば画面を見ながら自分を撮影できます。

これだけでも便利なのですが、最近は「自撮り棒(セルフィスティック)」というアイデア商品が多く販売されるようになりました。細かく見るといろいろなタイプのものがありどれを買えばいいのか迷います。

そこで、僕が考え抜いて選んだポイントを書きたいと思います。

シャッターの切り方

  • Bluetoothのシャッターボタン付き
    メリット:自撮り棒に付けなくても、離れて使えるリモコンシャッターになる
    デメリット:電池やバッテリーが必要、ペアリングが必要(ほとんどのスマフォは対応しているが、カメラはほとんど未対応)
  • Bluetoothのシャッターリモコン付き(自撮り棒とは別にリモコンが付属)
    メリット:上記の他に、リモコンを押す場所が制限されない
    デメリット:上記の他に、無くしてしまう可能性が高い
  • 有線でイヤフォンジャックのシャッターボタン付き
    メリット:電池やバッテリーが不要
    デメリット:イヤフォンに繋ぐ必要がある、Bluetoothのように離れて使えない
  • セルフタイマー
    メリット:カメラ自体の機能
    デメリット:シャッターを押すタイミングが制御できない

カメラの固定方法

  • 三脚ネジでスマホはアタッチメント使用
    コンデジを付けたいなら三脚ネジは必須です。
  • スマホアタッチメントのみ(三脚ネジがない)
    スマホアタッチメントが付け替えができないので、最近は大型のスマホもあるので取り付けられるか注意が必要です。

収納

棒の部分はスライド方式ですが、スマフォアタッチメント部分をどう収納するかを考えておきましょう。

  • 最長が長い商品はスライドを収納しても長い傾向がある
  • スマフォアタッチメントを外して収納しなければならない商品もある
  • スマフォアタッチメント部分も折りたたんで収納できる

僕が買ったのは

はじめは三脚ネジタイプのものを探していたのですが、よく考えるとコンデジを付けたとしてもシャッターを切る方法が難しいし、液晶が見えないので意味がないかなっと考えるようになりました。次に考えたのが旅先での写真はパット撮ってサッと片付けることが重要だと思い、コンパクトに収納できるものを探しました。そして見つけたのが「Dispho one Monopod」です。

開封の儀

お洒落な箱に入っています。
2自撮り棒パッケージ

中には、本体と充電用の短いUSBケーブルとマニュアル(多国語)です。電源アダプターは入っていませんでした。
3自撮り棒中身

購入する最大の決め手となった収納サイズは約20cmです。これならポケットに入ります。
4自撮り棒コンパクト

重さは118gと、これは軽いです。ちなみにiPhone6が129gです。
5自撮り棒重さ

スマホアタッチメント部分が収納時から最大270度回転できます。
6自撮り棒アタッチメント270度

持ち手の部分の底には充電用のMicro USB端子があります。充電中は赤く点灯ます。ストラップも付いていて安心です。
7自撮り棒持ち手の底

持ち手の上部にはシャッターボタンがあります。棒を握って親指で押しやすい位置にあります。ボタンを長押しするとペアリングが開始され青く点灯します。この状態でボタンを長押しするとペアリングが解除され電源が落ちます。青いランプも消灯します。
8自撮り棒シャッターボタン

スマホアタッチメントにiPhone6を取り付けてみました。僕のiPhone6には以前の記事で書いたバンカーリングが付いていますが、問題なく取り付けることができました。
9自撮り棒iPhone6取り付け

スマホアタッチメント上部をiPhone6で押し上げるよに入れるとサッと取り付けできます。
10自撮り棒iPhone6簡単取り付け

まとめ

購入した分かったのは、カタログには最長約90cmと書いてあるのですが、この数値はスマホアタッチメントを水平に伸ばした状態です。自撮りするときには90度に回転させるので実質は約80cmです。しかし長さは気になりませんでした。トップの写真をよく見ると分かると思いますが、スティックがたわむのが気になります。壊れそうな感じはしませんけどね(^_-)

やっぱりコンパクトなのは良いです!いつも持ち歩こうと思えます。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました