2020年10月Appleスペシャルイベント 待望の小さいiPhoneだがしかし

この記事は約8分で読めます。

AppleEvent202010 タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
2020年10月13日(日本時間14日AM2:00)よりAppleスペシャルイベントが開催されました。9月に続いての発表です。
今回発表されたデバイスはiPhone 12シリーズ、HomePod miniです。公演時間は約1時間10分でした。

iPhone 12シリーズ共通

4種類のiPhoneが発表されました。大きさは3種類あります。
AppleEvent202010 iPhone-12シリーズ

デザインは、iPhone 4, 5風のエッジが立ったデザインに戻りました。僕はこのデザインが好き!
スマホ全般に言える落下による画面割れの問題、これが4倍も割れにくくなりました。その秘密は2つ。

  • 有機ELディスプレイで割れにくい「Ceramic Shield(セラミックシールド)」ガラスを採用
  • 丸みを帯びたエッジデザインからフラットデザインに変更したことで角が強くなった

背面のガラス強度はどうなんだろう?フラット分は強いとは思いますが気になりますね。
AppleEvent202010 iPhone-12_Ceramic-Shield

iPhoneもようやく5G対応です。日本ではまだエリアは狭いですがドコモ、au、ソフトバンクが対応しています。米国ではミリ波までサポートしますが、国内販売のiPhoneでは機能が搭載されません。

ワイヤレス充電のミスを防ぐために、iPhoneの背面にマグネット(MagSafe)を搭載し、キッチリと充電できるようになりました。
ワイヤレス充電機能のMagSafeは15Wでの充電が可能です。これまでのiPhoneシリーズのQiによるワイヤレス充電は7.5Wに制限されています。
AppleEvent202010 iPhone-12_MagSafe

環境を配慮して、USB電源アダプタ、EarPodsは同梱されなくなります。Lightningケーブルだけ付属します。高速充電に対応したUSB-C – Lightningです。
これによりパッケージも薄くなります。
僕はUSB電源アダプタよりケーブルの方が不要な気がしていますが、本気で環境を配慮するならLightningを止めるべきだと思います。
AppleEvent202010 iPhone-12_パッケージ

先月発表されたiPad Air第4世代で搭載するA14 Bionicです。iPhone 12シリーズすべてで共通です。

iPhone 12

6.1インチ(2532×1170ピクセル、460ppi)、サイズは 146.7×71.5×7.4mm、162g です。
デュアルカメラ構成で、

  • 12メガピクセルf/2.4の超広角カメラ
  • 12メガピクセルf/1.6の広角カメラ

AppleEvent202010 iPhone-12性能一覧表

5色展開(ブラック、ホワイト、PRODUCT(RED)、、グリーン、ブルー)

  • 64GB:85,800円
  • 128GB:90,800円
  • 256GB:101,800円

10月16日予約開始、10月23日発売

iPhone 12 mini

5.4インチ(2340×1080ピクセル、476ppi)、サイズは 131.5×64.2×7.4mm、133g です。
発表会ではiPhone 8のサイズ 138.4×67.3×7.3mm、148gより小さいとアピールしていましたが、比較すべきはiPhone 5でしょう!
iPhone 5のサイズは123.8×58.6mm×7.6mm、112gなので、iPhone 5より大きいのです。(T_T)
せめて高さは同じくらい小さくして欲しかったです。
AppleEvent202010 iPhone-12-mini_大きさ比較

基本性能はiPhone 12と同じですが、気になる点としてバッテリー持続時間が少し短くなっています。(ビデオ再生:最大17時間→15時間)

  • 64GB:74,800円
  • 128GB:79,800円
  • 256GB:90,800円

11月6日予約開始、11月13日発売

iPhone 12 Pro

6.1インチ(2532×1170ピクセル、460ppi)、サイズは 146.7×71.5×7.4mm、187g です。
iPhone 12より高精度、高輝度です。
本体サイズはiPhone 12と同じなのでケースは兼用できます。(重量はProが少し重い)
サイド部分はステンレス製でiPhone 12のアルミより質感が高いです。

トリプルカメラ構成で、

  • 12メガピクセルf/2.4の超広角カメラ
  • 12メガピクセルf/1.6の広角カメラ
  • 12メガピクセルf/2.0の超広角カメラ

ボケ味やピント調節が楽にになるLiDARスキャナを活用したナイトモードポートレートです。
Apple Pro RAWフォーマット対応で現像が楽しめます。
AppleEvent202010 iPhone-12-Pro性能一覧表

4色展開(シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルー)

  • iPhone 12 Pro/128GB 106,800円
  • iPhone 12 Pro/256GB 117,800円
  • iPhone 12 Pro/512GB 139,800円

10月16日予約開始で、10月23日発売

iPhone 12 Pro MAX

6.7インチ(2778×1284ピクセル、458ppi)、サイズは 160.8×78.1×7.4mm、226g です。
基本性能はProと同じです。バッテリー持続時間が少し長くなっています。(ビデオ再生:最大17時間→20時間)、気になる点としては望遠カメラが少し暗く(f/2.0→f/2.2)なりますが、光学ズーム(4倍→5倍)と大きくなります。

  • iPhone 12 Pro Max/128GB 117,800円
  • iPhone 12 Pro Max/256GB 128,800円
  • iPhone 12 Pro Max/512GB 150,800円

11月6日予約開始で、11月16日発売

アクセサリ

今回の発表会で一番驚いたのが、マグネットを利用して、カードを収納できるポケット、スリット入りのケースなどアクセサリが面白く、サードパーティからもよいアイデアのものがでてきそうです。
気になるのがiPhoneの方位磁石の精度は大丈夫なのか心配です。
AppleEvent202010 iPhone-12_MagSafeアクセサリ

  • MagSafe対応iPhoneレザーウォレット:6,800円
  • MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proシリコーンケース:5,500円
  • MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケース:5,500円
  • MagSafe対応iPhone 12 miniシリコーンケース:5,500円
  • MagSafe対応iPhone 12 miniクリアケース:5,500円
  • MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxシリコーンケース:5,500円
  • MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxクリアケース:5,500円
  • MagSafe充電器:4,500円

併売されるiPhone

  • iPhone SE/64GB:44,800円
  • iPhone SE/128GB:49,800円
  • iPhone SE/256GB:60,800円
  • iPhone 11/64GB:64,800円(旧74,800円)
  • iPhone 11/128GB:69,800円(旧79,800円)
  • iPhone 11/256GB:80,800円(旧90,800円)
  • iPhone XR/64GB:54,800円(旧64,800円)
  • iPhone XR/128GB:59,800円(旧69,800円)
  • AppleEvent202010 併売されるiPhone

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxは販売を終了
ホームボタンがあるのはSEだけになりました。

HomePod mini

ホーム家電ではAmazonやGoogleから遅れを取っているAppleですが、10,800円という戦略的価格で発表されました。
ハブは一家に一台というより、一部屋に一台ですから、価格は重要ですので買いやすくなります。2台をペアにしたステレオ再生も可能です。
AppleEvent202010 HomePod-mini本体

機能は、家族全員に一斉放送でき一度にコミュニケーションをとれるようになります。
iPhoneを近づけると、iPhoneのHomePod miniから音が自動的に流れます。HomeKit対応ですので、電気のオンオフ、エアコンのオンオフ、セキュリティカメラの制御などできます。
AppleEvent202010 HomePod-mini_iPhoneから再生転送

2色展開(スペースグレイ、ホワイト)
11月6日予約開始で、11月16日発売

噂されていて、発表されなかったもの

  • iPhoneのリフレッシュレート120Hz
  • iPhoneのUSB-C端子
  • Apple Silicon搭載Mac
  • EarPods Studio(Appleヘッドホン)
  • AirTag(Apple忘れ物防止タグ)
  • Lightning編み込ケーブル

まとめ

miniと聞いたときには、ポチろうかと思いましたが、よくよく調べると、僕が欲しいiPhoneと違っていました。今使っているiPhone 7で不自由はないのでもう1年(5年目)頑張ろうと思います。
iPhone 12 miniが僕には合わない理由は、大きさがiPhone 5まで小さくならなかったので、ジーンズの前ポケットに入れにくいし、縦に長い画面は指が届きにくいのが嫌です。
AppleEvent202010 iPhoneポケットイン

それから指紋認証が無くなるのは致命的です。マスクしてたり、寝ながらの操作が多いとストレスになります。
価格が74,800円は、まだ高いです。僕としてはカメラ性能を落として6万円台にしてほしいです。(ちなみにiPhone 6は発売価格67,800円でした)
デザインはエッジが効いて持ちやすいし(iPhone 5の経験)、MagSafeのアイデアは素晴らしいですね。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

Appleスペシャルイベント(基調講演)の歴史-過去記事まとめ
Appleイベント 基調講演の記事のリンク集です。Appleの歴史を振り返るのに使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました