2021年6月WWDC21 正常進化

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、ヒーニョンです。
日本時間2021年06月8日(AM2:00)よりWWDC21(Worldwide Developers Conferenc 2021)が開催されました。新型コロナウイルスの影響でオンラインのみでライブ中継ではありません。公演時間は約1時間50分でした。
WWDC21ではハードウェアの発表はありませんでした。

動画はこちらです。

iOS 15

  • Walking Steadiness(歩行安定性)
  • FaceTime
    • 空間オーディオ
    • 背景をぼかすポートレートモード
    • FaceTime(リンク機能)
    • AndroidやWindowsとも通話可能
    • SharePlayシェアプレイ機能
    • 雑音除去、外音取り込み
  • Focus(集中モード)
    • おやすみモード、仕事、プライベート、またはサイレントモードの4つの状況
    • 通知 通知要約
    • 「メッセージ」アプリでは相手がおやすみモード中であることを表示
    • 通知を許可する人やアプリを細かく設定可能
  • Live Text(文字認識機能)※日本語非対応
  • Spotlight
    • 写真の検索が可能に
  • 写真
    • 音楽に合わせて写真やビデオをミックス
  • Wallet
    • 身分証明書 ※日本非対応
    • 家やホテルの鍵
  • 天気
    • 風、UV指数、気圧、高解像度天気図などの表示
  • マップ
    • 特別にデザインされたランドマークの表示
    • 夜間モード
    • ナビ時にインターチェンジを3次元で表示
    • ルート案内で電車を降りるタイミングを通知
  • AirPods Pro
    • 会話を聞き取りやすくする「会話の強調」機能
    • 通知の読み上げ
    • 探すアプリで探すことが可能
  • Apple Music
    • 空間オーディオ
  • Message
    • リンクや写真を整理
  • スマートホーム関連
    • Matter(アップル、Amazon、Googleの3社統一した新スマートホーム規格)
    • HomeKit&Siriをアップル以外のメーカーでも使えるようにする
  • プライバシー
    • アプリのトラッキング要求を監視する新プライバシーダッシュボード
  • メジャーアップデートをスキップし、旧バージョンままセキュリティアップデートを受け取り可能

iOS 15はiPhone6s以降対応です。iPhone6sが発売されたのは2015年なので6年前のデバイスに対応します。Androidなら2、3年なので、長く使いたいならiPhoneだと実感します。

iPadOS 15

  • ウィジェット
  • Appライブラリ機能
  • マルチタスキング機能
  • メモ
    • 共同作業機能
    • タグ機能
    • クイックメモ機能
  • Swift Playgrounds
    • iPadのみでiPhone、iPadアプリ開発
  • 低電力モードが搭載
  • 翻訳

iPadOS 15でiPhone標準の機能が多く搭載される。

watchOS 8

  • ポートレート文字盤
  • マインドフルネス
    • 呼吸アプリ
    • リフレクト
  • 睡眠時の呼吸数
  • メッセージと連絡先
    • メッセージの中で、スクリブル、音声入力、絵文字を組み合わせて使用
  • 集中モード
  • 複数のタイマー
  • AssistiveTouch
    • ディスプレイに触れず、ジェスチャーを認識し、片腕操作を可能にする。

AppleWatchは画面が小さいので誤タッチが多いのでAssistiveTouchには期待です。

macOS Monterey(モントレー)

  • ユニバーサルコントロール
  • ショートカット
  • Safari
    • タブグループ
    • 機能拡張をiPhoneやiPadでも利用可能
  • AirPlay
    • iPhoneで再生している動画や音楽をMacで再生
  • 低電力モード ※Early 2016以降のMacBook / Pro

ユニバーサルコントローに似た機能として、ロジクールの「Flow」があります。こちらはMacとWindows間でも連携できます。僕はこのFlowを一時期使っていて現在止めました。その理由は、デバイスが変わるときに少しラグが発生します。意図して切り替えたいのであれば我慢できるのですが、ディスプレイ境界ギリギリでマウス操作をしていると意図せずデバイスが切り替わり、元のデバイスに戻すのでラグが2回発生することになり、これが我慢の限界を超えてしまい止めました。ユニバーサルコントローがWindowsに対応するのか?誤操作は発生するのか?ラグはあるのか?気になります。しかしロジクールのマウス縛りがなくなるのは良いところです。

現在最新のmacOS Big Sur からM1に対応し、中身は大幅変更になっているので、僕は怖くてアップデートしていません。macOS Montereyが落ち着いたころまで待とうと考えています。

iCloud

  • iCloudバックアップ
    • 新しいiPhoneを購入した際、一時的にiCloudのストレージ容量を多く提供する
  • Account Recovery
    • パスワードを忘れたり、ロックされたときアカウントに再ログインするための方法に家族や友人にログインコードを発行 ※家族や友人がデータにアクセスはできない
  • デジタル遺産プログラム
    • 故人アカウント管理連絡先
  • iCloud+(サブスクリプション)
    • Private Relay(プライバシーが確保)
    • Hide My Email(ランダムなメールアドレスを生成)
    • HomeKit Secure Video(無数のホームセキュリティカメラへとアクセス)

僕も歳なのでデジタル遺産プログラムは気になります。iCloudの制作物だけの問題でなく、たとえばKindle本などのデジタル資産の相続など法整備から考えていかないといけない時代です。

まとめ

コロナ禍ですっかり引きこもり生活をしているので、iPhoneやApple Watchを使う機会がめっきり減ってしまい。iOSへの熱が冷めてしまっているため、今回の発表を観て感動することはまったくありませんでした。

Appleの方向性として気になる2点を最後に書き残して置きます。

  • FaceTimeがAndroidとWindowsに対応するのは喜ばしいことです。しかし、まだまだAppleの囲い込みが強すぎて、僕のようなWindowsも使うユーザーにとっては使い難い!
  • WWDCは開発者会議です。それにも関わらず今年問題視されたApple税について何もないというは腹立たしい。iPadのKindleで本買えない状況をいつまで続けるつもりなのか?

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

Appleスペシャルイベント(基調講演)の歴史-過去記事まとめ
Appleスペシャルイベント(基調講演)の記事が増えてきたので、内部リンク集を作りました。歴史を振り返るのに使ってください。 2021年 ハードウェア発表なし AirTag、Apple TV 4K(第6世代)、iMac(24インチ)、iPad Pro(11インチ第3世代、12.9インチ第5世代) 事前のリリース: AirPods Max 2020年 Ap...

コメント

タイトルとURLをコピーしました