【お知らせ】ドメインを変更しました。

Amazonで購入した商品を着払いで返品する方法

この記事は約3分で読めます。

Amazon返品 タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
Amazonで安心して買い物をするために返品についてまとめます。

Amazonに返品ができるのは、Amazon.co.jpが発送した商品だけです。販売はAmazon.co.jpでなくても大丈夫です。発送が出品者の場合は出品者とのやり取りになるので泣き寝入りになる確率が高いです。僕は出品者の発送する商品を購入するならダメ元で購入します。
Amazon返品 購入画面の販売と発送

自己都合の返品は開封済みだと50%返金だったり返送料も自己負担になります。ここでは、トラブルの場合の全額返金について書いていきます。
商品に欠陥があった場合、注文履歴をみて販売元を確認しリンクをクリックします。
Amazon返品 注文履歴画面

販売元の情報が表示され、質問ボタンをクリックすると、販売元に文章でやりとりができますので、商品の欠陥につて説明すれば、販売元は返品に応じると思います。
Amazon返品 販売者問い合わせ画面

注文履歴の商品の返品ボタンをクリックすると、返品の理由を記載する画面が表示されるので、販売元とのやり取りと重複しますが記入します。
商品が到着後30日以内に返品を完了する必要があります。30日を過ぎると返金額が20%減額されます。
Amazon返品 返品する商品を選択画面

返金方法は商品購入時の支払い方法によって異なります。クレジットカードで支払っていれば、クレジットカードで返金されます。僕はAmazonギフト券で購入したのでアカウントのギフト券残高に戻ります。
Amazon返品 手続き方法の確認と選択

トラブルや不具合がある商品だと販売元と確認が取れているので、返送を着払い(Amazon負担)でおこなうことができます。
また、Amazon.co.jpが発送する服&ファッション小物、シューズ&バッグストアの商品などは、サイズが違う場合もあるので着払いで返品できます。
Amazon返品 返送方法の確認画面

返送方法は、自宅に集荷やコンビニ、郵便局などいろいろあります。
僕はヤマト運輸が近くにあるので商品を持ち込みました。
Amazon返品 返送方法画面

返品が複数ある場合は面倒ですが、個別に手続きをして送る必要があります。
Amazon返品 自身で返送

自宅にプリンターがあるなら画面を印刷すれば楽なのですが、僕はプリンターがないので手書きです。
Amazon返品 手続き完了画面

返品先住所と返品受付IDが必要になるのでメモしておきます。返品受付IDはバーコードに書かれている番号です。。
Amazon返品 返送先住所画面

今回の返品は10日ほど使用していたので、パッケージも処分していて、Amazonから送られてきたダンボールも無かったので、適当に梱包しました。箱の中に返品受付IDのメモをいれておき、ヤマト運輸で着払いの送り状をもらって、返品先住所を記入して発送しました。
Amazon返品 梱包

返送から3日後には返金されていました。
送料も負担なしでした。
Amazon返品 返金後

まとめ

できることなら、商品トラブルを避けたいところですが、Amazon.co.jp発送なら手間はかかりますが、無償で返品できるので安心して購入できます。
Amazonを使いはじめて10年になりますが、返品するのはこれで3回目です。全て全額返金されました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました