Mac mini (Late 2014) 開封の儀

この記事は約4分で読めます。

パッケージ表面

パッケージ表面


はじめて購入したMacは1993年に発売の「Macintosh Centris 610」です。
それからMac信者となり、いろいろなMacを購入し、
2001年に「チタニウムPowerBook G4」を購入したのが最後と記憶しています。
2002年から仕事でWindowsのソフトウェア開発をするようになり、
Macを封印してきました。
しかし、最近iOSディバイスを使うようになり、またMacを使いたくなり、
先日アップルのスペシャルイベントで発表された「Mac mini (Late 2014) 」を購入しました。
発表日にApple Online Store でカスタマイズして注文し、8日後に手元に届きました。
Apple Online Store Mac miniカスタマイズ

Apple Online Store Mac miniカスタマイズ

「Macを買うなら…」でおなじみの、秋葉館オンラインショップ
もちろん話題のiPodも本体を含め関連商品充実!

梱包

梱包


段ボールの梱包を空けると、Mac miniの箱が見えました。この演出もいいですね。
パッケージはAppleらしく白をベースに本体の写真がプリントされています。
梱包中身

梱包中身


裏面には、本体を後ろからみた写真がプリントされていました。
パッケージ底面

パッケージ底面


パッケージの蓋は横に引き出すタイプてした。
パッケージ蓋

パッケージ蓋


これがデスクトップパソコン??と思うほど小型でアルミボディの仕上げが綺麗です。
本体を取り出すとパッケージの底には、説明書と電源ケーブが入っています。
箱底

箱底


説明書の中身はAppleシールが入っていました。
説明書

説明書


本体前面を見ると、黒く丸い部分があります。これはIRレシーバ「Apple Remote用の赤外線ポート」だそうです(※リモコンは付属していません)。よくみると横にはさらに小さな黒い丸い部分があります。これは電源が入ると白く光ります。
前面

前面


本体背面には、左から電源ボタン、電源ケーブル差込口、ギガビットEthernetポート、HDMIポート、Thunderbolt2ポート(最大20Gbps)x 2、USB3ポート(最大5Gbps)x 4、SDXCカードスロット、オーディオ入力ポート、ヘッドフォンポートが付いています。
背面

背面


注目なのがThunderbolt2です。これにより4Kモニターに接続できます。いまや当たり前になりつつありますがUSB3.0はうれしいです。
見えない部分として、Wi-Fiが802.11acに対応、Bluetooth4.0です。
本体の底にはMac miniと刻印されています。
底面

底面


いつもAppleの商品はワクワクします。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました