スキレット鍋でガッテン流から揚げを作ってみた

この記事は約2分で読めます。

から揚げアップ

こんにちは、ヒーニョンです。

スキレット鍋で油物に挑戦してみました。いろいろな揚げ料理がありますが、今回は「から揚げ」に挑戦です。

調理

下味については市販の物を使いましたが、揚げ方にこだわりました。
B004P0NKEE

その名も「ガッテン流」です。なぜガッテンなのかというと、NHKの「ためしてガッテン」という番組で紹介されたことからきています。
ためしてガッテンWEB

簡単にいうと2度揚げになります。

  • 1度目は、180度の油で1分30秒ほど揚げます。
  • 油から取り出しパットの上などで4分休ませます。
  • 2度目は、180度の油で40秒ほど揚げます。

高温で揚げ続けると肉がパサパサになるのですが、4分間寝かせることで余熱でじわじわ火が通るそうです。

僕が使っているスキレット鍋はニトスキの19cmなので、鍋の深さは4cmになります。手羽先だと全体的に油につかります。
手羽先揚げ

もも肉だと少し頭を出してしまいますが、問題ない程度です。
鶏モモ揚げ

イイ感じに揚がりました。(*^_^*)
から揚げ完成

まとめ

いままで、から揚げを作ると中まで火が通ってなかったり、パサついていたりしたのですよね。でもガッテン流なら中身がジューシーでしっかりと火が通っています。これは良い方法を知りました。
でも以前の記事「から揚げは「ほっともっと」が一番だと思うのです」に書きましたが、この味には叶わないですね。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました