【お知らせ】ドメインを変更しました。

EOS M6 Mark II さわってみて感じたEOS Mシリーズの比較

この記事は約7分で読めます。

EOS-M6-Mark-II タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
CanonショールームでEOS M6 Mark IIをじっくりとさわってきました。
タイミングの関係でEOS M200の実機はさわれなかったので、カタログスペックを見て比較しています。
EOS Mシリーズで初のMark II発売ということで、EOS M6が売れた証拠でもあります。どのように進化したのか見てきました。

キヤノン ミラーレスカメラの スペック比較

はじめにEOS Mシリーズ(ミラーレスカメラ)のナンバリングが分かりづらくなっています。発売された順に並べると

  1. EOS M(生産終了): 2012.9
  2. EOS M2(生産終了): 2013.12
  3. EOS M3(生産終了): 2015.3
  4. EOS M10(生産終了): 2015.11
  5. EOS M5: 2016.11
  6. EOS M6: 2017.4
  7. EOS M100: 2017.10
  8. EOS Kiss M: 2018.3
  9. EOS M6 Mark II: 2019.9
  10. EOS M200: 2019.10

僕がカメラを見るとき気にしている項目を2016年以降に発売されたモデルで比較してみました。
左ほどアマチュア向け、右ほどプロ向けに並べています。(操作ダイアルが多いほどプロ向けにしています。)

カメラM100M200Kiss MM6M6 Mark IIM5
Amazon
価格
(2019.11)
39,36359,37860,65053,585
(EVF付
73,385)
126,500
(EVF付
146,300)
66,734
映像
エンジン
DIGIC7DIGIC8DIGIC8DIGIC7DIGIC8DIGIC7
有効
画素数
(万画素)
242024102410242032502420
連続撮影
速度
(コマ/秒)
6.16.1109149
動画
(fps)
FullHD/
59.94
4K/
23.98
4K/
23.98
FullHD/
59.94
4K/
29.97
FullHD/
59.94
露出補正
ダイヤル
メイン
ダイヤル
サブ
ダイヤル
コント
ロール
ホイール
タッチ&
ドラッグ
AF
EVF内蔵後付後付内蔵
フォー
カス
フレーム
チルト
液晶
(度)
上180上180バリ
アングル
上180,
下45
上180,
下45
上85,
下180
起動時間
(秒)
1.01.01.01.01.021.0
バッテリー
パック
LP-E12LP-E12LP-E12LP-E17LP-E17LP-E17
撮影可能
枚数
295枚315枚235枚295枚305枚295枚
大きさ
(mm)
108.2x
67.1x
35.1
108.2x
67.1x
35.1
116.3x
88.1x
58.7
112x
68x
44.5
119.6x
70x
49.2
115.6x
89.2x
60.6
質量
(g)
+はEVF
302299390390
+29
408
+29
427

キヤノン ミラーレスカメラのポジショニング

価格はM200とM6 Mark IIが発売間もなく、メーカーのキャッシュバックキャンペーン中でもあるので高くなっています。
M5が発売されたとき約12万でしたので、1年もたたないうちに10万円は切ると予想しています。
今、プロ向けを考えているならM5がお買い得になります。
EOSMシリーズポジショニングマップ2019-11

M6 Mark IIは、操作スイッチ類からみるとミドルクラスのKiss Mより少し上のランクになります。

EOS M6 Mark II ハンズオン

はじめて手に持った感じは、M6と変わりなく感じます。グリップがあり掴み安いですし、重量は少し重くなっていますが気が付かないレベルです。
EOS-M6-Mark-II 正面

性能は映像エンジンDIGIC8になり、 目を見張るのが連続撮影速度で14枚はMシリーズでブッチギリの速度です。4K動画撮影にも対応しました。約30fpsあるので一般的な動画作成には使えます。ここが無印M6かMark2を選ぶかの決め手になると思います。
EOS-M6-Mark-II 斜め

カラバリはブラックとシルバーの2色です。シルバーは上部と底面がシルバーになっています。
EOS-M6-Mark-II シルバー

液晶モニターはTFT式カラー3.0型のタッチパネルです。
EOS-M6-Mark-II 背面

ハイアングル時の下方向は約45°です。手前に引いたまま上向きにすることも可能です。
EOS-M6-Mark-II チルト機構液晶モニター-撮影アングル

上方向へは約180°なのでローアングル撮影や自撮りが可能ですが、外付け電子ビューファインダーを付けていると干渉します。バリアングルにして欲しかったところです。
EOS-M6-Mark-II チルト機構液晶モニター-自撮り

操作ダイヤルは3つです。

  • シャッターボタン周りのメインダイアル
  • 右肩のサブダイヤル
  • 液晶モニター横のコントロールホイール

ここで残念なことに気づくのですが、露出補正ダイヤルがなくなりました。
EOS-M6-Mark-II 操作ダイヤル

これはサブダイヤルがファンクションボタン付きになったので、ダイヤルの機能を簡単に変更できるためだと思われます。
個人的にはバージョンダウンだと感じます。簡単に切り替えられるとしても、ボタンを押す手間が発生するのでシャッターチャンスを逃すからです。といっても3つダイヤルがあればアマチュアカメラマンなら十分ですね。

左面にはリモコン端子があるので、タイマーレリーズをつけてタイムラプス撮影ができます。
EOS-M6-Mark-II 左面

右面にはデジタル端子があり、USB Tpye-Cに進化しました。いままではパソコンに繋いでデータをやり取りするのに使用していましたが、今回から充電もできるようになりました。
EOS-M6-Mark-II 右面

まとめ

僕はM5を所有しているのでM6 Mark IIは購入しません。もしミドルクラスのミラーレスカメラが欲しいとしたら、Kiss Mがいいですね。撮影時に細かな操作にもチャレンジしたいならM6がオススメです。

M6 Mark IIは価格が落ち着いてこないかぎり、連写速度に魅力を感じないと出せない金額です。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました