iPhone6とiPhone7の形状の違い

この記事は約3分で読めます。

IPhone7Hello

こんにちは、ヒーニョンです。
先日の記事「iPhone6とiPhone7の梱包の違い」では、iPhone6とiPhone7の梱包について書きました。今回はiPhone6とiPhone7の形状の違いを比較していきます。

正面の比較

まず正面です。違いは受話部の長さがiPhone7の方が少し長いのです。iPhone6専用の保護ガラス(フィルム)でギリギリの大きさだとiPhone7には合わない場合がありそうです。ホームボタンは外見は同じなのですがiPhone7は凹みません。感圧式のボタンになっています。
IPhone6and7前面

背面の比較

背面はiPhone6はDラインといわれるアンテナが上下にありましたが、iPhone7でなくなりスッキリとしたデザインになりました。
iPhoneロゴ下の認証マークがなくなりました。iPhone7はFeliCaに対応したので、背面に「総務省指定」と小さく書かれているそうなのですが、老眼の僕には見えません。
IPhone6and7背面

認証マークは設定>一般>認証にありますよ。
IPhone7認証画面

カメラも見た目が変わりました。iPhone7はF1.8と明るいレンズになった影響でレンズが大型化しました。フラッシュも4つのLEDに変わったのですが見た目では分かりにくいです。
IPhone6and7背面カメラ

右側面の比較

電源ボタンは変化がありません。
IPhone6and7右側面

SIMトレーの外見は変わりませんが、iPhone7は耐水仕様のためにゴムパッキンが付いています。
IPhone7SIMトレー

左側面の比較

ボリュームボタンはiPhone6では上げ下げボタンの間に溝がありますが、iPhone7にはなくなりました。耐水仕様のためなのでしょうね。
IPhone6and7左側面

下面の比較

iPhone7からヘッドフォンジャックがなくなりました。耐水仕様のためでもありますし、Taptic Engine(画面を押し込むと振動する部品)を積めるためだったようです。iPhone7では気圧ベントの穴に変わっています。
IPhone6and7下面

まとめ

細かく見るといろいろと変わっています。見た目で一番違うのはジェットブラック色です。Appleのサイトには次のような注意書きが書かれています。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。
Apple公式サイト iPhone7 仕様

IPhone7ジェットブラック背面
指紋の付き方や反射具合はガラス面と同じですね。なのでガラス面との境目が分からなくて全体がガラスでできているようです。本当に美しい仕上げです。摩耗するとどうなってしまうのでしょうね。
重量ですが、iPhone6が129gでiPhone6sで143gと重くなりましたが、iPhone7で138gと少し軽くなりました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました