iPhone7でiPhone6の保護フィルムが使えるのか?

この記事は約3分で読めます。

レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルム本体

こんにちは、ヒーニョンです。
先日の記事「iPhone6とiPhone7の形状の違い」に書いたように、iPhone7とiPhone6は受話部の長さが違うのです。iPhone6用の保護フィルムはiPhone7に貼れるのでしょうか? 実際に試してみました。

開封の儀

僕のiPhone6は前面がホワイトなのですが、間違えてブラックの「レイ・アウト iPhone 7/6s/6 画面のラウンド部分まで覆える 全面保護フィルム 9H 耐衝撃 ハイブリッド 高光沢/ブラック RT-P9RF/T1B」を購入していて使えなかったものを今回iPhone7に貼ってみます。購入時には色違いに注意しましょう。
あれ?いつの間に商品名に「7」が追加されています! ということはiPhone7に対応しているの?
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルムパッケージ

保護ガラスではなく、画面のランド部分まで保護するフィルムです。
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルムパッケージ裏面

中には湾曲しているフィルムと小さなクロスが入っています。
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルム中身

貼り付け

フィルムが湾曲していて位置合わせが難しいのですが、このフィルムは微調整しながらの貼り直しができたので、うまく位置を合わせて貼ることができました。
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルム本体

受話部の切り欠きは同サイズなので余裕はありませんがiPhone7でも問題ないですね。
カメラの切り欠きも良いですね。
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルム貼付上部

透明部分と額縁のブラック部分の境目にどうしても気泡が残りますね。
ホームボタンの位置合わせもうまくいきました。
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルム貼付下部

フィルムが湾曲しているのは、ラウンドエッジ部分まで覆うためなのでしょうが、よく見ると少し隙間があるようです。何かの拍子に隙間に紙などが挟まりそうです。しかしラウンドエッジを保護してくれるのは心強いですね。僕はiPhone6のラウンドエッジにヒビを入れてしまいましたからね。
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルム貼付厚み

保護ケースとの相性

ダメだろうと思いながら先日の記事「iPhoneジェットブラックには透明なケースをするしかない」で紹介したケースを着用してみました。
ここまでヒドイとは思いませんでしたが、フィルムの周囲全てが押し上げられて気泡が入るというよりフィルムが剥がされていきます。これでは使い物になりませんね。
レイ アウトiPhone7 6s 6全面保護フィルムケース干渉

まとめ

iPhone6の保護フィルム(ガラス)は受話部が厳しいですがiPhone7で使えるようです。
ラウンドエッジまで保護するタイプのフィルムは注意事項があります。

  • 購入時に色を確認する
  • 額縁部分に気泡が入りやすい
  • ラウンドエッジ部分は少し浮く
  • ケースと相性が悪い

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました